沖縄の島バナナが「バナナなのに高級フルーツ」な理由とは?

南国フルーツの代表であるバナナですが、沖縄には一般的なバナナよりも小ぶりな「島バナナ」というものがあります。ところが島バナナは「バナナ」でありながら高級フルーツなんです!・・・その理由とは?

目次 ページガイド

島バナナは「青い状態で販売」が一般的

島バナナ

島バナナは、一般的なバナナと比べてもとても小ぶりです。

基本的に房のままで販売されているのですが、房ごと手にとっても手のひらに乗ってしまうほど小さいです。

一般的な輸入バナナは1本でもかなりのボリュームになるので、朝ご飯の代わりに食べてもしっかり満腹感があります。

でも島バナナは小ぶりなので、1本食べたくらいでは物足りなさを感じます。その代りちょっと小腹がすいた時のおやつとしてはちょうど良いサイズです。

さて・・・、そんな島バナナですが、販売されているのは「青い状態のまま」なんです。

もちろん、この時点では食べごろではなく、きちんと色がつくまで1週間ほど熟させるのが一般的です。

買ってすぐに食べられないのが分かっていても、沖縄では昔から「島バナナは青い状態のままで販売する」が常識です。

島バナナの特徴は?

島バナナ

島バナナの食べごろは、「シュガースポットが出始めた頃」ではなく「皮の表面の半分に黒い斑点が出た頃」です。

輸入バナナでこの段階となると、実の部分も真っ黒になっていることがほとんどですよね?でも島バナナの場合、この段階で皮をむいても中の実は真っ白で美しいままです。

さて・・・気になるのがその味ですが、こちらも輸入バナナと大きく違います。

輸入バナナの場合、口に入れるとバナナの甘みが強く主張していますよね?

でも、島バナナには一般的なバナナにはない「酸味」があります。これが島バナナの味の最大の特徴です。

もっちりとした食感は輸入バナナと同じなのですが、甘さに酸味が加わっているためより濃厚な味がします。

最初食べた時にはこの酸味に違和感を覚えますが、1本食べ終わる頃にはこの酸味そのものにハマってしまいます。

ですから「バナナ特有の甘ったるさが苦手でも島バナナは食べられる」というわけです。

エミリー

ちなみに匂いもバナナ特有の甘さとは一味違っています。南国フルーツらしいフツーティーな香りですが、嫌みな甘さがないので熟すまで放置していてもそれほど気になりません。

食べごろの見分け方を知っておこう!

島バナナ

島バナナの食べ頃の見分け方は、表面の黒い斑点以外にもあります。

房のままで熟すのを待つのですが、その房から簡単に取れるようになると食べごろです。

ですから「今にも房から落ちそうなバナナ=食べ頃を迎えた島バナナ」と言えます。

島バナナが高級フルーツになっている理由とは?

疑問

島バナナは一般的なスーパーではほとんど販売されていません。

那覇市にある牧志公設市場に行っても、島バナナを扱っている店を見つける方が難しいくらいです。

「島の台所」と呼ばれる公設市場であってもなかなか見つけることが出来ない島バナナですが、実際に販売している店を見つけてもあまりに値段が高いためにビックリします。

それもそのはずです。輸入バナナが1房数百円であるのに対して、小ぶりな島バナナは1房1000円前後します。

もちろん房にたくさんの実が付いている島バナナほど値段は高く、さらに青い状態のバナナほど希少価値があります。

では、なぜ島バナナが1房1000円前後という高級フルーツなのかというと「生産農家がほとんどいないから」なのです。

もともとバナナは強い雨や風に弱いフルーツです。しかも島バナナの収穫時期は春から秋です。

この時期の沖縄は例年台風が接近します。つまり販売を目的に生産しようとしても、台風シーズンに収穫時期を迎えるため採算が合わないというわけなのです。

エミリー

タイミングが合えば、道の駅などで安く販売されている場合もあるようです。

名物「ニューハーフ」!?羽地の駅 やんばるたまごへ行ってみた!」の記事でも島バナナが登場していたので気になる方はご覧ください。

地元の人もなかなか食べられないのでは?

そもそも地元の方の多くは島バナナを好んで食べているという方は少ないです。というのも島バナナは仏壇に供えるものというイメージがあったり、スーパーで売られている一般的なバナナのほうが好みという方が多い為です。

通販で島バナナを買うともっと高級フルーツになる

パソコンで検索

通販サイトでも沖縄の島バナナを購入することが出来ます。

ところが島バナナを通販で購入するとなると、地元で1房1000円前後の物がなんと3000円になることもあります。これは「高級」ではなく「超高級フルーツ」です。

ただ島バナナがこれだけ高い理由を知れば、「それでも食べてみたい!」と思う人が出てきてもおかしくありません。

とはいっても島バナナは「バナナ」ですから、やはり千円以上になるとなかなかチャレンジしにくいですよね?だ・か・ら・こ・そ!沖縄旅行に来たら絶対に食べてほしいのが「島バナナ」なのです。

土産物品店などに行けば、食べごろの島バナナを1本単位で販売している店もあります。

これなら値段も100円前後とかなり手頃ですし、熟すのを待たずにその場で食べることが出来ます。

エミリー

せっかくの機会なので、沖縄に来られた際は、ぜひ島バナナを食べてみてくださいね!

カート

石垣島産の「島バナナ」

石垣島産の島バナナです。追熟させてからお召し上がりください。

価格(税込)

楽天:3,780円 / Amazon:3,780円

楽天 amazon

※商品の価格は記事作成時点の価格です。価格は変動する事が御座いますので、実際の価格はオンラインショップの商品詳細ページでご確認下さい。


ABOUTこの記事をかいた人

エミリー

広島から沖縄に移住してきたエミリです♪憧れの沖縄での生活を活かして沖縄の移住や文化について体験談を元にお伝え出来ればと思います。その他にも沖縄に関する様々な情報を発信していきます!