沖縄へ引っ越し!やらなくてはいけない手続きあれこれ

いざ、沖縄へ引っ越すことが決まったけれど・・・実際に何から手を付けていいのか分からない。なんて方も多いのではないでしょうか?引っ越しに不慣れな方の為に、引っ越しの際にどのような手順を踏めばいいのか、簡単にご説明していきたいと思います。

沖縄移住をするための手続きあれこれ

手続き

沖縄移住を決意したけれど・・・「何からしたらいいの?」と迷う方も多いかと思います。

いざ引っ越しを行うというときにしなくてはいけないいろいろな行政の手続きがあるものです。

よし引っ越そうと思って、そのまま家を空っぽにするわけにはいきません。

ガスや電話、郵便物などの手続きから、住む場所…つまり住所をどのようにするかなどやらなくてはいけないことはてんこもり。では、どんな順序でどんなことをしていかなくてはならないのでしょうか?

目次 ページガイド

まずは引っ越しの見積もりや車について考えよう!

引っ越し

まず、住む場所を決めたら手続きをすぐ開始しなくてはなりません。

というのも、不動産屋や賃貸業者によっては早く手続きをして引っ越しをしないと、両方の家賃が発生してしまうということになるからです。タイミング良く現在の家を引きはらい、引越しをする必要があるということですね。

沖縄という遠い場所への引っ越しですから、当然費用もかかります。できるだけ費用も荷物もコンパクトに済ませることができるように、スケジュールをきちんと組んで下準備をしておきましょう。まずはどのような事をしていかなければいけないのか見ていきましょう!

引っ越し業者で見積もりを出してもらう

パソコンで検索

たくさんの引っ越し業者がありますが、まずは見積もりをとってどれくらい費用がかかるかということを調べましょう。

見積もりをするとプレゼントがもらえる業者が多いのですが、沖縄という遠いところへ荷物を送ってもらうことを考えるとしっかりと口コミをチェックしましょう。複数の業者へ一括見積りを依頼して、安心・満足いく引っ越しができるようにしていきましょう。

車を持っていくか、売却するか考える

引っ越し

車はフェリーで運ぶほかありません。

もちろん軽自動車の方が料金は安く、さらに距離も沖縄に近ければ近い方が安くなります。

ちょっと荒業になってしまうかもしれませんが、車の中に細々とした荷物をできるだけ積んでおくと、引越し業者に運んでもらう家財量が減るのでお得にすることができます!

また、移住にあたって古い車であれば処分・売却して現地で購入するという手もあります。

料金を安くするコツ

指さし

引越しにかかる料金というのは、やはりどれだけ量があるかです。つまり、少なければ少ないほど安くなりますのでできるだけ減らしておきましょう。

また、料金を安くしたいという方は繁忙期は絶対にNG!3~4月などの引っ越しシーズンは倍以上になってしまうこともありますので注意です。

荷物をまとめるコツ

引っ越し

荷物は減らせば減らすほど料金が安くなりますし、梱包もそれだけ簡単になります。

思い切って断捨離することでスッキリとした新生活ができるほか、万が一「やっぱり帰りたい…」と思ったときにもまた引っ越しがしやすいということも。

荷物をまとめるコツとしては、分厚いコートなどは思いきって処分!沖縄ではアウター(羽織)は必要なときはありますが、そういった習慣があまりないのかコートを着る人はほとんどいないということなんです。

逆に持っていくべきもの

スーパーマーケット

持病の薬や特定(地元)の食べ物などは、沖縄に行くとなかなか手に入らない可能性も。

親から定期的に送ってもらえるという場合を除き、できるだけ多めに持っていくよう荷物の中に組み込んでおきましょう。「後で通販で買おう」と思っても、想像以上に送料がかかってしまうこともあります!

転出・転入届を提出しよう!

住民異動届

自分は絶対移住すると決めたなら、住民票をうつしましょう。お子さんがいらっしゃる場合なら子ども手当や乳幼児医療受給者証の変更手続きも必要です。

市役所・区役所・役場・福祉センターなどあちこちに行かなくてはなりませんので、時間が必要になります。

ちなみに、転出届は引っ越し先の新しい住所がわかってから手続きを行います。そして転入届は法律によって「引っ越してから14日以内に届け出る」と決められているので絶対に忘れないように!

転出証明書も転入届を提出するときに必要になるので、忘れたら飛行機でトンボ帰り…なんてことになりかねませんので、お忘れなく。。。

郵便物・銀行・公共サービスの住所変更をしよう!

契約書類

まず郵便物は、現在住んでいる場所の管轄郵便局に新しい住所を伝えなくてはなりません。

銀行には住所変更を行い、また現在の公共料金の引き落としをストップしてもらうように手続きをしていきます。

携帯電話は住所変更をするだけでそのまま利用できるのですが、固定電話の場合は工事をしなくてはならないので手続きを・・・。

電気や水道・ガス・NHK・新聞…これらの公共サービスもそれぞれに連絡をしておく必要がありますので、利用している方はお忘れなく!

車両関連の住所変更をしよう!

ドライブ

まず、運転免許証に登録されている住所を変更しなくてはなりません。これは引っ越し後に所轄の警察署に住民票を持って、住所変更を行います。

もうひとつ、所持している車の住所変更をしなくてはなりません。事前に車庫証明が必要になります(必要ない車種・地域もあります)。

車の住所変更をすることで「沖縄」のナンバープレートになるので、ちょっと沖縄移住の実感が出てくるかもしれませんね。

その他にやっておかなければいけない手続き

登録
  • 生命保険
  • 国民年金
  • 保険証
  • クレジットカード
  • パスポート(本籍変更時のみ)
  • 通販やネットなど住所の会員登録をしているところ

主に住所変更の手続きをすることになりますが、それ以外にもたくさんの手続きがあります。

正直、結構面倒くさいですし大変です・・・。

ですが、引っ越し(沖縄移住)をする上で必ずしなくてはならないことなので、できるだけ早めに済ませて引っ越し準備にとりかかりましょう!

万が一抜けがあったとしても、早めに準備をしておけば余裕を持って引っ越しすることができますよ。

沖縄移住で家を探すときのポイントとは?

2017.03.14

ABOUTこの記事をかいた人

エミリー

広島から沖縄に移住してきたエミリです♪憧れの沖縄での生活を活かして沖縄の移住や文化について体験談を元にお伝え出来ればと思います。その他にも沖縄に関する様々な情報を発信していきます!