沖縄移住のために現地で調べておいた方がいいこと

沖縄移住をした方の半数以上は、沖縄移住に失敗し、元居た場所へと帰っていきます。それとは逆に、沖縄移住に成功された方は沖縄で最期を迎える!というほど、沖縄に居心地の良さを感じている方も多くいらっしゃいます。沖縄移住に成功する人と失敗する人にはどのような違いがあるのでしょうか。沖縄移住を成功させるために調べておくべきこと、知っておく必要がある事などをまとめてみました。

沖縄への移住は、慎重に下調べを!!

移住のために現地で調べておいた方がいいこと

沖縄へ移住するために…。思い立ったからすぐ行こう!では、100%絶対と言っても良いくらい移住に失敗して、帰ってしまうことになってしまいます。

沖縄に住みたいという意思と、沖縄に住んで何をしたいかというハッキリとした目的を持つのはもちろんですが、実際に沖縄に住むためにさまざまな準備をしておかなくてはなりません。

多くの人が一度は下見に行って、現地であれこれと生活に必要な情報などを調べておくかと思います。しばらく滞在してゆっくり・じっくりと調べることができれば良いのですが、3~4泊だけですぐに帰らなくちゃいけないという人も多いですよね。 時間が少ない中で、しっかりと知りたいことを調べておかなくてはなりません。

沖縄に移住するために現地で調べておくこととして、まずは要点をまとめておくべきです。では、具体的にどんなことを現地で調べると良いのでしょうか!?

暮らしには仕事が重要!会社周辺の環境をチェック

履歴書

自分の生活スタイルと、沖縄に住む目的によって変わってくるかと思います。

生活スタイルというのは、主に仕事のこと。たとえば、電話やインターネットさえあれば仕事ができるというフリーランスのデザイナーやライターの方などは、住む場所や働く場所が変わってもさほど影響がないでしょう。

しかし、これまで会社勤めである人はそうはいきませんよね。早めに転職先を探しておかなくてはなりませんが、沖縄では失業率も有効求人倍率も全国ワーストとなっているので、そう簡単に見つからないというのが現状です。ですから、仕事を辞めて沖縄に来た、向こうに住んでから探そう♪という方は、なかなか仕事が見つからずに焦ってしまいます。

もちろん、移住してしばらく暮らしていけるだけの余裕があれば良いのですが、そういった方はなかなか少ないものです。

まずは仕事を探すこと、もし仕事が決まれば現地に行ったときにその周辺の環境などを直接調べておきましょう。通勤手段・コンビニやスーパーなど周辺の施設・人通りの多さなど、チェックしておきたいポイントがいくつかあるかと思います。

自分の生活スタイルを書きだしてみよう!

スーパーマーケット

仕事の次は、毎日の生活について考えてみる必要があります。

あなたは毎日どんな暮らしをしていますか?お給料日には銀行に行って、スーパーで買い物をして、ときどき飲み屋に行って、カラオケやボーリングに行って、風邪をひきやすいからよく病院に行って…。などなど、人によってどんな生活をしているかどうかは違ってきますよね。

まずは、自分の1か月のスケジュールをざっと書き出してみてください。自分がどんなところに行っているのか、生活するためにどんな施設が必要になってくるかがわかります。そして、沖縄でその施設が最低限揃っているところを探してみるのです。

海のそばが良い・自然いっぱいのところで暮らしたいなど、沖縄に住みたい目的でも違ってくるのですが、基本的には自分の生活スタイルに合ったところを探すと良いでしょう。いきなり180度違うところに行くと、慣れるのにも時間がかかってしまいますし、想像と違い過ぎてすぐにリタイアしてしまうということもあるでしょう。まずは、これまでの生活スタイルをあまり崩さないように暮らしていける場所を探してみると良いでしょう。

沖縄で言うと、こういった都市部の暮らしができるのはやっぱり那覇市やその周辺。とても街中ではありますが、車で30分程度できれいな沖縄の海を堪能することもできるので、とっても便利な場所だと言えます。また、那覇市は沖縄への移住者が多い場所でも知られていますから、周りも移住者を受け入れやすい環境だとも言えますね。

物価、施設、交通手段…現地に行かないとわからないこと

ゆいレール

実際に沖縄に行ったら、仕事を決めたり家を決めたりするのはもちろんですが、まずは周辺の生活施設を訪れてみましょう。

たとえば、毎日の買い物に欠かせないであろうスーパーマーケット。ここでざっと店内の食材の価格をチェックしてみましょう。本土よりも安いもの・高いもの、さまざまです。

また、お子さんがいらっしゃる場合にはとても重要なのが学校や病院。通学しやすいところが良いですし、何か急病にかかった場合にもすぐに連れていくことができる距離の方が、安心して暮らすことができますね。

沖縄では公立幼稚園も小学校の敷地内にある?!

2016.04.04

まだどこに住むかどうかは決まっていないけど…という場合でも、まずはざっくりとで良いので2~3か所ほどピックアップしておきましょう。実際に現地に行ったときに周辺の環境や人通りの多さ、また街の雰囲気などによって「ここ、良いな♪」と思える場所に出会えるかもしれません。現地に行かなくてはわからないことがたくさんあるかと思いますので、あまり細かいことが決まっていなくても下見に行く意味はじゅうぶんにあるでしょう。

そして、見落としやすいことがもうひとつ。沖縄ならではの問題ですが、米軍基地から飛ぶ飛行機やヘリの音、そしてメディアの報道ヘリが多いということです。

もちろん、基地が近くなればなるほどその騒音も大きくなっていきますし、どれくらいの音なんだろう?ということは実際に行って聞いてみなくてはわかりませんよね。静かに暮らしたいという方であればこの騒音は耐えられない!と移住を諦める理由にもなりますので、事前にチェックしておくべきことでしょう。

旅行中に沖縄料理をたくさん食べる

ゴーヤちゃんぷる

移住に失敗される方の多くが、食の問題を挙げています。例えば、沖縄のスーパーに行くと見慣れない魚や野菜が多く並んでいます。どのような味がするのか分からない・・・どういう風に調理したらいいのか分からない・・・という方も多く、主に料理を担当する女性の方はとてもストレスに感じてしまうようです。

また、味付けも殆どの料理が鰹節の出汁がベースとなっていたり、少し濃いめだったりと、口に合わない方もいらっしゃるようです。まずは、移住を計画されて現地を見に来る際は、少しでも多く色々なものを食べてみるようにしてください。

沖縄ではメジャーな食べ物だけど・・・意外に好き嫌いが分かれるというものを挙げておきますので、ぜひ沖縄に来た際は食べてみてください。

  • 沖縄近海でとれる魚(刺身)
  • 沖縄そば
  • ジューシー(雑炊系のボロボロジューシーもあります)
  • 見慣れない食材のちゃんぷるー料理(車麩やパパイヤなど)
  • チキナー(からし菜)料理
  • 中身汁
  • いかすみ汁 etc…

定食屋さんで食べるのもいいですが、沖縄のスーパー(イオンやサンエー)のお惣菜コーナーに行くと、沖縄でメジャーな料理が手に入るのでぜひ立ち寄ってみてください。

エミリ

ちなみに、ヤギ汁やヤギのお刺身などもありますが、沖縄の人でも好き嫌いがハッキリと別れている上に、食べたことがないという人も多い食材です。食卓に並ぶこともないですし、ヤギ料理屋に行かない限り出会わない食材なので、ヤギは食べてみる必要はないかと思います。

移住・旅行する前に沖縄の食文化について知っておこう!

2016.10.31

沖縄で生活していくうえで、一番大切なのは食が合うかという事ではないでしょうか?沖縄でしか栽培されていない野菜や、珍しい食材が多くあるという事を頭に入れておいてくださいね!

沖縄移住のために現地で調べること、まとめ!

調べる事まとめ

ここまでのことを踏まえて、沖縄に移住するために現地で調べておくポイントをまとめてみました。

メモ

現地に行く前に調べて(まとめて)いた方がいい事

  • 仕事の目星をつけておく
  • 住居の目星をつけておく
  • 自分のスケジュールや生活スタイルを見直して、生活に必要な施設やものをリストアップしておく
メモ

実際に現地に行って調べる事

  • スーパーなど買い物できる施設で物価を調べておく
  • 交通手段をチェック
  • 病院や学校、コンビニや銀行など自分の生活で必要な施設の場所をチェック
  • 実際に住居から職場までの道を調べてみる
  • 住居が決まっていなければ、だいたい目星をつけた2~3か所を訪れて周辺の環境を見てみる
  • 飛行機、米軍基地の航空機やヘリの音をチェック
  • 沖縄の料理や、沖縄の食材と味覚が合うか確認する

沖縄には都市銀行がほぼない!沖縄での生活に必要な地方銀行について

2017.01.11

これに加えて、自分が海の近くに住みたい・都市部に住みたいなどどんなところに住みたいか、畑仕事がしたい・自給自足がしたいといった移住への目的によっても調べることが変わってくると思います。

沖縄へ下見をしに来る前に、短時間であれこれ調べられるように計画をしっかり立てておくと時間のロスも少なくなるでしょう。


移住のために現地で調べておいた方がいいこと

ABOUTこの記事をかいた人

エミリー

広島から沖縄に移住してきたエミリです♪憧れの沖縄での生活を活かして沖縄の移住や文化について体験談を元にお伝え出来ればと思います。その他にも沖縄に関する様々な情報を発信していきます!