ハワイで私立イルカ中学のツアーに参加してイルカを見に行ってみた

私立イルカ中学と聞くと本当の中学校?学校のレクに参加するの?みたいな感じになるかと思いますが、私立イルカ中学というのは野生のイルカたちが先生でツアーに参加するみんなが受講生という事です。今回は受講生としてツアーに参加してみたのでレビューしたいと思います♪

ハワイで私立イルカ中学のツアーに参加してイルカを見に行ってみた

ジェシカ

私立イルカ中学のツアーはVeltraの「野生のイルカ&ウミガメ シュノーケリング・クルーズ by 私立イルカ中学」で訪れました。

ツアー当日

水着を着用し、集合場所へ向かいます。宿泊しているホテルにもよりますが、私たちのピックアップ時間はAM6:20でした。(ハイアットリージェンシーワイキキの場合)黄色いスクールバスのような車でお迎えに来てくれます。今回のツアーガイドさんは「ジュリーさん」でした。寝起きの私たちには辛いほど、ハイテンションでお出迎え。そこから、船のある港までは約1時間ほどかかります。バスに乗った瞬間からホームルーム開始です。1時間ぶっ通しで喋りまくっていました。

港のある場所は、コオリナ地区です。コオリナには、有名なディズニーホテルがあります。ディズニーホテルから、更に15分ほど進んだ場所にヨットハーバー(船置き場)がありました。

ヨットハーバーには、トイレしかありません。鍵付きのロッカーなども無いため、貴重品は船に持ち込み、それ以外はヨットハーバーにある箱に入れておくような感じです。荷物を預けた箱には、鍵などもかけないので、盗まれる危険性があるものは船に持ち込まなければなりません。ですが、船も小さめでアクティビティ感覚のスピードの出る船なので、貴重品は耐水性の袋に入れておかないと濡れてしまいます。

船

例えば…防水でないカメラや、財布(お金を裸で持ち歩いている)などを持っていた場合は、海水がかからないよう守らなくてはいけません。なので、「防水でないカメラは初めから持っていかない!!」「お金は最小限の額をビニールなどに持っていく」などの工夫が必要です。

ジェシカ

こちらのツアーには、プロのカメラマンさんが1人付き、もし思い出として写真を残したいのであれば、$50で購入する事が出来ます。「高ッ!!」って思いましたか??写真1枚$50ではありません。その日カメラマンさんが撮影した全ての写真(私たちが参加した日は430枚ほど)を$50で買い取る感じになります。全ての写真なので、もちろんツアーに参加した他の方の写真データも含まれています。3~4枚しか映らなくても$50、めちゃくちゃ沢山の写真に写りこんでも$50です。初めから「買う!」と決めているのならば、出来る限り沢山の写真に写りましょう。そうでないと、他人の思い出写真を$50で買い取る事になってしまいますよ!(笑)

各グループ(カップル)、それぞれのアルバムとして販売してくれるなら購入しようと思っていましたが、私たちはあまり写していただけなかったので、購入するのをやめました!カメラマンさんと仲良くなったもん勝ち、近くにいたもん勝ち・・・といった感じです。あまり目立たないカップル(グループ)は、集合写真や各グループ写真(船に乗った瞬間や、海に浮いているところ、泳ぎ終わったあと)しか写してもらえない感じです。思い返してみても、430枚中5枚くらいしか撮ってもらった記憶がありません(笑)私たちは買う価値なしでした。

高速船に乗るうえ、ハワイは風が強いので、ラッシュガードなどを着ていてもウエットスーツを進められます。確かに、サンドバーに行った際は、ラッシュガードを着用していましたが、濡れたラッシュガードに強い風が当たるので、めちゃくちゃ寒かったです。

ハワイのサンドバーへ行ってみた

2016.08.24

ウエットスーツは1着$10で借りる事が出来ます。今回のツアー客は、全員がウエットスーツを借りていました。足に付けるフィンやシュノーケルグッズは、無料でレンタルしてくれるので、少しでも荷物を軽くするためにも、シュノーケルグッズやビーチシューズは持っていかないようにしましょう。

いよいよ出航です。

出航

1時間目-イルカ先生に会おう!

野生のイルカを探す為、全然見つからない日や、出向して200mのところで見つける事が出来たり、日によって違うそうです。イルカを探す探知機レーダーなどは、船にのっていません。船長の勘で探します。この日は、ヨットハーバーへ向かう車中、コオリナディズニーホテルを過ぎたあたりで、ツアーのお客さんがイルカを発見したので、船でそのポイントまで向かいました。高速船で20分ほど行くと、大量のイルカが!!こんなにイルカが群れている事も少ないようで、ツアーガイドさん達も興奮していました。船長の「GO-!!!」という合図で、一斉に海へ飛び込みます。階段を使って一人ずつ降りる…なんてことはしません。毎回飛び降ります。隣の人との距離が近いので、飛び込んだ際に怪我をしないよう気をつけましょう。ジェシカは、時間差で飛び込んできた隣の男性の膝が、思いっきり左腰に入ってしまい、その後3~4日は触るだけでも痛いといった状況になっていました・・・。

イルカを探している間、長時間泳ぎ続けました。(ライフジャケットを付けるので泳げなくても問題ありません。)ある程度の体力がないと、結構キツイかもしれません。イルカをある程度見た後、船に戻り、すぐにフィンやゴーグルなどをつけ、海へ飛び込む準備を開始…。この日は休憩なく、2時間目に突入。

2時間目-ウミガメ大教授に会おう!!

イルカを見たスポットの近くに、ウミガメの生息地があった為、休憩なしで2時間目開始。潜ってすぐに、シュノーケリングスポットに遭遇!!沢山の魚たちを見る事が出来ました。沢山の魚たちを見ながら、どんどん泳いでいくと、海の底(水深10メートル)にウミガメのカップル発見!!初めは2匹とも動かず…寝ているのかと思いましたが、二人のLOVE・LOVEな時間だったようで。。観覧者(ツアー客)が邪魔だったようで、メスのウミガメが突進してきました!

ミッチェル

ハワイ州では、ウミガメに触ると50万円の罰金だそうですが、ウミガメから突進されたのでは、どうしてよいか分かりません。人間は海の中では自由に身動きも取れませんし…ミッチェルのカメラに激突してきました!凄いハプニングでした(笑)なかなかレアな映像が撮れたのではないでしょうか…我ながら満足しています!ウミガメを見た後は、船に戻り、ヨットハーバーへ・・・・と思いきや、急遽3時間目開講!

3時間目-イルカを船からウォッチングしよう!

イルカが沢山いた為、船長からの提案で少しだけイルカをウォッチングして帰る事になりました。船から3メートルくらいしか離れていないような場所で、4~8回転のドルフィンジャンプなどを披露してくれました。

泳いだ後は体が冷えているので、ホットティーが配られます。ティーと一緒に、菓子パンとチーズを頂きながら、ヨットハーバーへと戻りました。ヨットハーバーで全員の集合写真を撮り、私立イルカ中学の卒業証書(イル中バッグ)を頂きました!

私立イルカ中学の卒業証書

トイレで着替えを済ませ、バスに乗り込むと、帰りのホームルームが始まります。帰りは、ジュリーさんが1時間ぶっ通し話すという事はありませんでしたが、感想文の記入がありました。感想文は、写真と共にホームページに掲載されるそうです。掲載に関しては、写真のみNG・写真も感想文もNGと感想文の下に記入すれば、掲載はしないそうです。掲載してほしくない方は、しっかりと意思表示しておきましょう。

AM6:20出発、AM11:30にはホテルに戻ってくることが出来ました。これだけ充実した時間を過ごしても、まだ午前中です!!野生のイルカやウミガメを見たいという方は、ぜひツアーに参加してみてください!

イルカ中学の内容が物足りないという方は、フラダンスの授業や、バーベキューもセットになったイルカ大学に入学されてみてはいかがでしょうか。

見出し

持っていると便利なもの

  • 防水用のデジカメ
  • 耐水性の袋
見出し

要らなかったもの

  • ラッシュガード
  • ビーチシューズ
  • シュノーケルグッズ

今回のツアーの様子を完結に動画にまとめてみました!

日本語で予約私立イルカ中学のツアーに申し込む

ハワイ旅行

ハワイで私立イルカ中学のツアーに参加してイルカを見に行ってみた