【プチ旅行】那覇から日帰りも可能!泊港から行ける離島をご紹介!

沖縄の美しい自然を楽しみたい人に人気の離島観光。でも、離島といっても沖縄本島から離れている島も多く、滞在予定から諦める人も…。

そこで今回は、那覇空港近くの港から日帰りで行ける離島とアクセス方法を紹介します。

目次 ページガイド

渡嘉敷島

渡嘉敷島

日帰りでマリンスポーツを楽しむことができる離島として人気がある渡嘉敷島には、泊港からフェリーで渡ることができます。

フェリーは2隻あり、【フェリーとかしき】なら片道約70分、高速船の【マリンライナーとかしき】なら約35分で行くことが出来るんです。

島には、渡嘉志久(とかしく)ビーチと阿波連(あはれん)ビーチがあり、どちらも美しいビーチが魅力的です。

渡嘉志久ビーチ

渡嘉志久ビーチ

阿波連ビーチ

阿波連ビーチ

マリンアクティビティも豊富で、バナナボートやジェットスキー、シーカヤックなどを楽しむことも出来ます。

また、山の景色も魅力の一つで、島にはいくつもの展望台が設置されています。

渡嘉敷港のすぐ近くには「港の見える丘展望台」があるので、フェリーの待ち時間に立ち寄るのもおすすめです。

渡嘉敷島へのアクセス・所要時間・料金

フェリー

渡嘉敷島に行くには、泊港から【フェリーとかしき】または【マリンライナーとかしき】に乗ります。

ちなみに、【フェリーとかしき】は通常船、【マリンライナーとかしき】は高速船となっており、

片道の所要時間は・・・

  • フェリーとかしき:約70分
  • マリンライナーとかしき:約35分

となっています。

運行時間・運航予定表・料金に関しては、下のボタンから公式ホームページをご確認ください。

阿嘉島

阿嘉島(あかじま)は慶良間諸島にあり、座間味村に属しています。

阿嘉島

島には阿嘉大橋があり、橋を渡れば慶留間島(げるまじま)に渡ることもできます。

島の周辺は、慶良間(けらま)ブルーと呼ばれる美しい海に囲まれていて、透明度の高さから世界的にも有名なダイビングスポットとなっています。

中でも「ニシバマ(北浜)ビーチ」は極上ビーチとして世界的にも有名なんです。

ニシバマ(北浜)ビーチ

ニシバマ(北浜)ビーチ

那覇の泊港から島に渡るにはフェリーまたは高速船を利用します。

フェリー「フェリーざまみ」なら片道約90分、高速船な「クイーンざまみ」なら約50分なので、日帰りで島を観光することもできます。

さらに、同じ船で座間味島まで行くこともできます。

阿嘉島へのアクセス・所要時間・料金

阿嘉島に行くには、泊港から【フェリーざまみ】または【クイーンざまみ】に乗ります。

上でも触れましたが、【フェリーざまみ】は通常船、【クイーンざまみ】は高速船となっており、

片道の所要時間は・・・

  • フェリーざまみ:約90分
  • クイーンざまみ:約50分

となっています。

運行時間・運航予定表・料金に関しては、下のボタンから公式ホームページをご確認ください。

座間味島

慶良間諸島のほぼ中央に位置する座間味島は、座間味村で一番大きな有人島です。

古座間味ビーチ

映画『マリリンに逢いたい』で、阿嘉島に住む主人公の雄犬・シロが、雌犬マリリンに逢いに海を渡ってやってきたのが座間味島です。(※実話です)

現在も座間味島にはマリリンの像があり、マリリンの孫は今も健在なのだそうです。

マリリンの像

座間味島:マリリンの像

シロの像

阿嘉島:シロの像

ちなみに、シロの像は上の項目でご紹介した阿嘉島にあります。

座間味島には、極上ビーチとして世界的にも有名な古座間味ビーチや阿真ビーチがありますが、島全体もダイビングスポットとして有名です。

古座間味ビーチ

古座間味ビーチ

座間味島へのアクセス・所要時間・料金

座間味島に行くには、阿嘉島同様、泊港から【フェリーざまみ】または【クイーンざまみ】に乗ります。

上でも触れましたが、【フェリーざまみ】は通常船、【クイーンざまみ】は高速船となっており、

片道の所要時間は・・・

  • フェリーざまみ:約90分
  • クイーンざまみ:約50分

となっています。

運行時間・運航予定表・料金に関しては、下のボタンから公式ホームページをご確認ください。

エミリー

座間味港⇔阿嘉港 間を移動する際は、

  • 【フェリーざまみ】片道料金 200円
  • 【クイーンざまみ】片道料金 310円

で移動が可能です。


粟国島

洞寺(テラ)

粟国島は泊港から片道約2時間で渡ることができるのですが、1日1往復のみの運行なので、基本は島内宿泊となります。

レンタカーごとフェリーで島に渡ることもできますが、島内ではデマンド(予約)型乗り合いタクシー・りかりか号があり、利用料金も大人200円と安いです。

ただし、デマンド方式なので事前に予約が必要です。

乗り合いタクシーりかりか号

特産品の「粟国の塩」「粟国の島マース」は沖縄本島内の土産物品店でも人気があり、島内の製塩工場「沖縄海塩研究所」では工場見学もできます。

粟国島へのアクセス・所要時間・料金

フェリーあぐに

粟国島に行くには、泊港から【フェリーあぐに】に乗ります。

粟国島への所要時間は、片道 約2時間10分となっています。

運行時間・運航予定表・料金に関しては、下のボタンから公式ホームページをご確認ください。

久米島

久米島は島全体が県立自然公園に指定されている、沖縄諸島最西端の島です。

はての浜

はての浜

透明度の高い海はもちろんですが、楽園の島とも言われる無人島には「メーヌ浜」「中の浜」「はての浜」の3つがあり、いずれも世界的に有名な極上ビーチです。

このほかにも久米島には「比屋定バンタ」や日本名松百選の「五枝の松」など、自然が作り出した絶景スポットが点在しています。

比屋定(ひやじょう)バンタ

比屋定(ひやじょう)バンタ

五枝の松

五枝の松

久米島へのアクセス・所要時間・料金

ニューくめしま

久米島に行くには、フェリーで渡る方法と飛行機で渡る方法があります。

フェリーの場合は泊港から【ニューくめしま】に乗りますが、途中で渡名喜島に立ち寄るので片道3時間~3時間30分かかります。

日帰りで久米島を観光したいのであれば、片道約35分で渡ることができる飛行機をお勧めします。

運行時間・運航予定表・料金に関しては、下のボタンから公式ホームページをご確認ください。

※月曜日のみ1便のみ(午前便)の運航となるようなのでご注意ください。

渡名喜島

渡名喜島

渡名喜島は、久米島と泊港の間にある島です。

人口約400名と日本で2番目に小さな自治体で、とてものんびりとした空気が流れている島です。

島の周りはサンゴ礁に囲まれていて、満潮を迎える頃には海岸沿いを散歩しているだけでウミガメに遭遇することもあります。

また渡名喜港、ユブク浜、アンジェーラ浜周辺は島の中でも特にウミガメがよく見られるスポットです。

あがり浜

あがり浜

渡名喜島は観光客が少ない島ではありますが、てぃだ広場やあがり浜など絶景スポットも多いです。

集落内も、フクギ並木や赤瓦など沖縄の原風景がそのまま残っているため、言葉通りの「うちなータイム」を味わうことができます。

渡名喜島へのアクセス・所要時間・料金

ニューくめしま

渡名喜島に行くには、泊港から【ニューくめしま】に乗ります。

渡名喜島への所要時間は、片道 約2時間となっています。

運行時間・運航予定表・料金に関しては、下のボタンから公式ホームページをご確認ください。

※月曜日のみ1便のみ(午前便)の運航となるようなのでご注意ください。

【まとめ】離島へプチ旅行へ出かけてみませんか?

沖縄の海

いかがでしたか?

那覇(泊港)から、これだけ多くの離島に行くことが出来るんです。

粟国島のみ、一日一便しか運航していない為、日帰りが難しいですが・・・その他の島は日帰りでも十分楽しむことが出来ます。

往復で3000円から4000円程なので、ぷらっと離島へ遊びに行き、海を眺めて(泳いで)食事をして帰ってくる・・・なんて楽しみ方があってもいいのではないでしょうか?


ABOUTこの記事をかいた人

エミリー

広島から沖縄に移住してきたエミリです♪憧れの沖縄での生活を活かして沖縄の移住や文化について体験談を元にお伝え出来ればと思います。その他にも沖縄に関する様々な情報を発信していきます!