沖縄に住んでみたい!住み込みリゾートバイトのメリット・デメリット

青い海・青い空・豊かな自然に囲まれた沖縄で住み込みのリゾートバイトをするのは、沖縄好きにとってはある意味で最高の場所といえるかもしれません。でも沖縄の住み込みバイトにもメリット・デメリットもあります。

目次 ページガイド

メリットその① 旅行費の節約になる

貯金

沖縄旅行を体験した人の中には、自宅に戻ってからも沖縄での出来事が頭から離れなくなってしまう・・・通称「沖縄病」を発症してしまう人がいます。

沖縄病が悪化すると「沖縄に行きたい!」という気持ちを抑えられなくなってしまい、連休の度に沖縄へ出かけてしまう方もいるのだそう・・・。

超絶な移住願望!「沖縄病」になってしまったら・・・

2017.05.11

ただ、沖縄旅行をするにはお金がかかります。休みを取るにしても、1泊2日で満足出来るという事はなく、少なくとも3~4日程度は滞在しなければいけません。

宿泊費や飛行機代、その他も考えると1回の沖縄旅行だけでも数万円かかります。

ところが、沖縄に住み込みバイトをすれば、働きながら沖縄時間を満喫することが出来ます。

もちろん、仕事をしている間はリゾート気分ではいけませんが、休憩中や休みの時には思いっきり好きなことをすることが出来ます。

エミリー

お金がもらえるうえに沖縄で生活が出来るのですから、沖縄病になってしまった人には最高の働き方といえますね。

メリットその② 知らなかった沖縄にたくさん出会える

たそがれ

沖縄のリゾートバイトでは、他県や外国から来られる観光客の対応がお仕事のメインになります。

エミリー

沖縄県民の目線から、他県の旅行者や外国人旅行者を見る いい経験にもなると思います。

これまでは、あなたが沖縄の好きな事や興味のあることばかりに目が向いていたかもしれませんが、ゲストをおもてなしする側になるとそれだけでは仕事になりません。

まして…お客様相手の商売ですから、「最高の時間を過ごすことが出来た!」と言っていただけるように、あらゆることでおもてなしをするのがホストとしての務めです。

ただし、観光客の中にはリピーターもたくさんいます。ですから…どのようなゲストの求めにも対応し、最高の時間を提供することがバイトスタッフにも求められます。

その為、これまで知らなかった沖縄のことであっても、仕事のためになるのであれば積極的に勉強したり、体験したりする必要があります。

でも、これもあなたにとっては大切な宝物になります。知らないことを知ることによって、より沖縄愛が深くなり、ますます沖縄が大好きになります。

そのため、住み込みでリゾートバイトを経験したことがきっかけで、本当に沖縄に移住したという人も多いです。

エミリー

筆者の知人にもリゾートバイトから移住を決めた方がいらっしゃいますが、もう沖縄に10年ほど住んでおり、まだ30代前半であるにも拘らず「沖縄に骨を埋める」とまで言っています。(笑)

メリットその➂ 人脈を築くことが出来る

友達

リゾートバイトの期間中は、地元の方や移住者と出会うチャンスです。

沖縄に仲のいい友人を作っておくことで、今後の旅行は一層楽しいものになりますし、また「移住する!」と決意した際には、求人関連や住居に関する事など…様々な相談にのってもらうことも出来ます。

エミリー

リゾートバイトは、実際に沖縄に住んでみる事が出来るチャンスです!!期間中に、職場以外での人脈を広げたり、色々な市町村を見て回ることが、今後あなたの為になると思いますよ♪

デメリットその① ビックリするくらい時給が安かった

驚く女性

「沖縄の賃金は安い」というのは、沖縄に興味がなくてもほとんどの人が知っている事実です。でも実際に働いてみると、「ただの噂ではなかったんだ…」と愕然とします。

リゾート系のバイトは、キレイな制服を着てフロントで優雅に接客するだけが仕事ではありません。

ガテン系の仕事も多いですし、清掃業務がメインになるとクーラーのついていない部屋の中で汗だくになってベッドメイクや掃除をしなければいけません。つまり「肉体労働」なのです。

ただ、仕事がきつくても…もらえる給料が高ければ、人はある程度納得できるものです。ただこれが思っている以上に安いと話は違ってきます。でも、これが沖縄の現実です。

何しろ…私自身もその経験があります。私は正社員として働きましたが、沖縄移住前と移住後の月収は3分の1まで減りました。

正社員ですらこれだけの差があるのですから、バイトの場合もそれなりの覚悟は必要です。

デメリットその② 地元出身の職場スタッフはいい人しかいなかったけど…

黄昏る

地元出身の職場スタッフと、寮が一緒の他県出身バイトスタッフとの差があまりにも大きくてやめてしまったというケースがあります。

これは住み込みバイトならではの、あるあるネタでもあります。

沖縄出身の人は、基本的にみんなフレンドリーです。時間にルーズといわれる点も多いですが、逆にいえばおおらかな人が多いのです。だから多少ミスをしたとしても、よほどあなたに問題がない限り「頑張ってね♪」と笑顔で励ましてくれます。

ところが…同じように県外から住み込みで働いている人の中には、そうとは言い切れない人もたくさんいます。「外面はいいけど寮に戻ると豹変する人」も意外と多いです。

ただ、そういう人は職場に出るとそういった面を一切出しません。そのため寮で嫌なことやいじめにあっても、地元スタッフに相談できず自分一人で抱え込んでしまう人もいます。

こういうケースだと「職場の人のためにも頑張ろう」と割り切るか、「地元の人はいい人ばかりだけど寮の人と合わない」と言って辞めるかのどちらかになります。

エミリー

基本的には、地元の方はバイトスタッフの寮のコミュニティーに入り込んできません。

ですが「職場は気に入っているのに、住み込みスタッフとの相性が悪い」といった場合には、雇い主に一度相談してみるのも手だと思います。

もしかすると、別の寮への引っ越しや部署移動など、何か対策をとってもらえるかもしれないので、一人で抱え込まず相談を!

【まとめ】住み込みバイトはメリット・デメリットを見極めて!

ジャンプ

住み込みバイトにもメリットとデメリットがあります。

デメリットがあってもあなたの沖縄愛が強ければ乗り越えられるでしょうが、それでも周りに相談できる相手がいないとなるとかなり精神的に追い込まれます。

ですから沖縄での住み込みリゾートバイトでは、メリット・デメリットの両面をきちんと見極めてから始めることが成功のカギとなります。


ABOUTこの記事をかいた人

エミリー

広島から沖縄に移住してきたエミリです♪憧れの沖縄での生活を活かして沖縄の移住や文化について体験談を元にお伝え出来ればと思います。その他にも沖縄に関する様々な情報を発信していきます!