沖縄でカーシェアリングとレンタカーはどっちがお得?

車社会の沖縄では、車を持っていないととっても不便です。でも、普段は車を使わないというのなら、維持費の方が大変。使い時にいつでも使えるカーシェアリングとレンタカー、沖縄で生活するならどっちがお得か考えてみました!

目次 ページガイド

そもそもカーシェアリングって何?

カーシェアリング

マイカーを持たない人でも、好きな時に車を利用することが出来るのが、カーシェアリングです。同じような目的でサービスを提供しているものにレンタカーがありますが、レンタカーとカーシェアリングでは、大きな違いがあります。

カーシェアリングは、会員制サービスになっています。そのため、カーステーション周辺の会員と共同で車を利用するのが、カーシェアリングのサービスとなっています。

カーシェアリングのメリット

OK!

都心部を中心に人気が高まっているカーシェアリング。その人気を支えているのは、カーシェアリングのメリットに理由があります。

駐車場の心配がいらない

沖縄県内でも、那覇市の中心部となると駐車場を借りるだけでもかなりのコストになります。そのため、普段それほど車を使わない人でも、車を維持するために高額な駐車場料金を支払っているというケースがよくあります。さらに那覇市内では、駐車場がない賃貸物件も多く、自宅から離れた場所でなければ駐車場を確保できないこともあります。

このように、駐車場の確保が難しい都心部では、沖縄県内でもカーシェアリングに人気があります。

車を維持するための諸経費が不要

マイカーを持つには、月々に支払う駐車場代のほかにも、自動車保険料や各種税金、車検代、ガソリン代が必要です。

これに対してカーシェアリングの場合は、月々に支払う会費と使用した時間分の料金のみです。そのため、車にかかるコストを大幅にカットすることができます。

分単位で利用することが出来る

カーシェアリングは、使用時間の最低単位は分単位となっています。ですから、病院の送迎にだけ使う場合や2時間程度の買い物であれば、レンタカーよりもお得に利用することが出来ます。

使いたい時にいつでも使うことが出来る

カーシェアリングの予約は、インターネットで申し込むことが出来ます。わざわざ店に出向いて手続きを行う手間がいらないので、早朝や深夜など、使いたい時にいつでも利用することが出来るのが最大御メリットといえます。

予約のキャンセルは予定時間の1分前まで可能

比較的短時間の用事の場合、急に予定がキャンセルになってしまうこともよくあります。この場合も、カーシェアリングの予約キャンセルは、予定時間の1分前まで受付可能です。さらに、この場合のキャンセル料は発生しません。

カーシェアリングのデメリット

混乱

カーシェアリングには、もちろんいい事ばかりだけでなく・・・デメリットもあります。利用する前に、デメリットも把握しておくようにしましょう。

車種を選ぶことが出来ない

カーシェアリングの場合、車のタイプを選択することはできるのですが、車種を選ぶことはできません。ですから、用途に合わせて車種を選びたいという人には、向いていません。

1か月に1度も使わなくても基本料金が発生する

カーシェアリングは、月額基本料金がかかります。月に数回、車を利用するという予定がある方にはお得なのですが、1か月に1度も使わないことがあるという場合は、損をした気分になるかもしれません。

使っても、使わなくても・・・毎月お金が発生するという事を頭に入れておきましょう。

県内のどこでもカーシェアリングが利用できるわけではない

沖縄県内でも徐々に人気が高まっているカーシェアリングですが、カーシェアリングのサービスエリアは、那覇市内が中心となっています。

カーシェアリングのサービスエリア外では、カーステーションがないことも多く、まだまだ利用が出来る範囲は限定されています。

車内が汚い場合もある

カーシェアリングは、利用の度に清掃・点検・整備が行われるというわけではありません。ですから、前の利用者のモラルによっては、車内が汚い状態のままで返却されていることもあります。

チャイルドシートは自分で設置しなければいけない

業者によってサービスの内容は異なるのですが、場合によっては、チャイルドシートを自分で持ち込まなければならないケースもあります。

チャイルドシートが用意されていることもあるのですが、その場合も、通常時にはトランクに収納されているため、利用する度に・・・その都度自分で設置しなければいけません。

乗り捨てはできません

カーシェアリングは、指定のカーステーション周辺に住む会員同士で車をシェアするという考えのもとに運営されています。ですから返却場所は、基本的に出発したカーステーション(那覇周辺)となります。

沖縄で利用するならカーシェアリングとレンタカー、どっちがお得?

ドライブ

車社会の沖縄では、カーシェアリングに注目が集まるずいぶん前から、多くのレンタカー業者が存在しています。でも、沖縄県内でレンタカーを利用する人の多くは、観光客です。

では、沖縄に住んでいる場合、カーシェアリングとレンタカーのどちらを使うのがお得なのでしょうか?

サービスエリアの範囲で比べてみる

リウボウ

まずはサービスエリアの範囲でレンタカーとカーシェアリングを比較してみましょう。

カーシェアリングの場合

沖縄県内では、現在、那覇市内に64ヶ所、糸満市と北谷町にそれぞれ1か所カーステーションが設置されています。那覇市内に住んでいる人にとっては、駅やオフィス街・ショッピングセンターなどの周辺に多くのカーステーションが集中していることもあるので、とても便利なサービスです。

ただし、那覇市以外となると、まだまだサービスエリアは限定されています。今後、新規のカーステーションが増えることが予想されていますが、現状としては、那覇以外では利用がしにくい状況にあります。

レンタカーの場合

レンタカーも、カーシェアリング同様、業者が那覇市に集中しています。特に、観光客の利用が多いだけに、那覇空港周辺に営業所の多くが集中しています。

ただし、レンタカーの場合は、数に差はありますが、県内全域にほぼ営業所があります。しかも、県内にあるホテルとも連携しているため、ホテルから営業所までの送迎や、ホテルでレンタカーの受け取りができるなど、利用者にとっては便利なサービスも多いです。

業者数で比べてみる

ミニカー

業者数に注目してみると、圧倒的に数ではレンタカーの方が多いです。

現在、沖縄県内でカーシェアリングサービスを行っている業者は3企業ありますが、どれも那覇市内を中心にサービスを展開中です。

利用料金で比べてみる

お金

次に、最も大切な利用料金で比較してみたいと思います。

カーシェアリングの場合

カーシェアリングの場合、利用の単位は分単位となっています。距離に対する料金ではないため、使った時間の分だけ支払いをするというのが最大のメリットです。

沖縄県内で最も多くのカーステーションを持つタイムズカープラスを例に挙げると、15分利用した場合、ガソリン代と保険料が含まれて206円で利用することが出来ます。

レンタカーの場合

レンタカーの場合、利用の単位は時間単位となっています。予約時に、利用予定時間に合わせてプランを選択します。

あらかじめ予約した時間内であれば、いつでも返却が出来ますが、予定時間より早く返却したとしても、料金は変わりません。さらにレンタカーの場合は、返却時にガソリンを満タンにする必要があります。

利用のしやすさで比べてみる

レンタカー

最後に、気軽に利用できるかという点で比較してみたいと思います。

カーシェアリングの場合

カーシェアリングの予約は、インターネットで行います。そのため、365日24時間いつでも利用することが可能です。

ただし、デメリットでも紹介しましたが、サービスエリアがまだ限定されていますし、乗り捨てが出来ないので、その点ではレンタカーの方がメリットはあります。

レンタカーの場合

レンタカーの場合もインターネットなどで予約を申し込むことはできますが、実際に利用する際には、基本的に営業所で諸手続きをしたのちに、車を引き渡してもらいます。そのため、利用する場合は、営業所の営業時間内で受け取り・返却を行わなければいけません。

ただし、レンタカーの場合は、利用前に必ず清掃・整備・点検が行われるため、常に清潔な状態で車を利用することが出来ます。

また、車の車種も種類が豊富なので、車のタイプだけでなく色や車種まで指定することが出来る点がメリットになります。

ご自身にあったシステムを選んで快適に過ごそう!

旅行

・・・いかがでしたか?今回は、カーシェアリングとレンタカーの違いやメリット・デメリットについてお話ししてきましたが、ご自身に合いそうなプランは見つかりましたでしょうか?

どちらにも良い点・悪い点があり、さらに利用法や金額が大きく異なるので、どちらが自分に合っているのか・・・しっかりと見極める必要があります。

ご自分の生活スタイルや、予算にあった方を選んで、快適なNo Carライフを送りましょう!!