冬の沖縄はマラソン日和!?沖縄で行われるマラソン大会のまとめ

冬といえば、毎年箱根駅伝やニューイヤー駅伝が行われたりと陸上競技がさかんに行われる時期ですよね。実はここ沖縄でもマラソンが多く行われるんです!本土とは違う風景を臨みながら走るのは、沖縄でしか味わうことができないため参加者が多いんです。今回は、そんな沖縄で開催されるマラソンについてまとめてみました♪

過ごしやすい冬は沖縄マラソンのピーク!

冬に沖縄で開催されるマラソン

沖縄では、実は1月から5月がマラソン開催のピークを迎えます。

沖縄県のさまざまな場所でマラソンが行われますが、沖縄本島はもちろんのこと離島でも多くの大会が行われるんです。県内外から多くの方がやってきて、気持ちの良い環境の中で走ります。

大きな大会では数千人が参加するという規模に!離島をぐるっと一周するマラソンや、沖縄の北部で自然いっぱい・起伏に富んだコースを行くというマラソンまで、バラエティーに富んだ大会がたくさんです。では、人気のマラソン大会からまだまだこれからでもエントリーできる大会まで、ご紹介していきます!

目次 ページガイド

第29回なんぶトリムマラソン

  • 開催日:2017年3月19日(日)8時30分スタート
  • 場 所:沖縄県糸満市西崎総合運動公園(スタート&ゴール)
  • 電 話:098-963-8213
  • 競 技:ハーフ・10㎞・5㎞・3㎞・車イス・ファミリー
  • 参加料:大人(19歳以上)2,500円 小人(18歳以下)および障がい者1,500円 ※障がい者の方の伴走者は参加料免除

平坦なコースなので、マラソンデビューにもぴったりの大会です。

特徴としては障がいがあるという方の参加が多く、ハーフからファミリー・障がい者までさまざまな方がいらっしゃるため規模が大きいということです。前回行われた第28回大会では、なんと県内外を合わせて7,268人のランナーが参加したということです。

参加賞として、Tシャツまたはフェイスタオルをもらうことができます♪

場所は那覇市(那覇空港)から車で15分ほどととても近く、沖縄県本島最南端の糸満市とのちょうど中間あたり。なので、この近くに宿泊して観光するにも便利なところとなっているんです。

宿泊は口コミでも人気のサザンビーチホテル&リゾート沖縄がおすすめです!

第17回あやはし海中ロードレース大会

  • 開催日:2017年4月2日(日)9時スタート
  • 場 所:〒904-2305 沖縄県うるま市与那城中央5 うるま市与那城総合公園陸上競技場(スタート・ゴール)
  • 電 話:098-978-9404(あやはし海中ロードレース大会事務局)
  • 競 技:ハーフ・10㎞・3.8㎞
  • 参加料:大人(ハーフ)3,500円 大人(10㎞・3.8㎞)3,000円 小人(すべてのコース)1,500円

「磯のかおりを楽しみながら、海中道路を走ろう」という合言葉のもと行われている大会。

沖縄本島の中南部に位置するうるま市からは、平安座島や宮城島をむすぶ海中道路が伸びています。この海中道路を利用した大会で、まさに見渡す限り海!という中を走ることができるとっても爽快なマラソン大会です。比較的平坦なコースになっているので、家族での参加もオススメです。

定員はすべてのコースを合わせるとなんと8,500人!人気のマラソンなので、それぞれのコースで定員となると締め切りになりますので、申し込みはお早めに…。参加賞はTシャツとなっています♪

付近のホテル

付近のオススメホテル

第25回伊江島一周マラソン大会

  • 開催日:2017年4月8日(土)
  • 申 込:2017年1月10日(火)~2月10日(金)
  • 場 所:伊江村ミースィ公園(スタート・ゴール)
  • 電 話:0980-49-2906(伊江島一周マラソン大会事務局)
  • 競 技:ハーフ・10㎞・5㎞・3㎞
  • 参加料:大人4,000円(団体割3,500円) 中高生2,500円(団体割2,000円) 小学生2,000円(団体割1,500円)

こちらは、沖縄北部・本部町からすぐのところにある「伊江島」という離島で行われる大会です。ファミリーでの参加も可能で家族や団体参加なら割引もあり、定員は2,300人となっています。宿泊はもちろん、フェリーの臨時便があるため日帰りでの参加も可能とのこと。

また、参加賞としてTシャツがもらえるだけでなく、大会のあとには選べるお楽しみ食事つき♪牛汁・魚汁・沖縄そば・弁当から、好きなものを選ぶことができます。

大会終了後にはふれあいパーティーが行われるので、宿泊される方は走ったあとの余韻にひたりながらのんびりとすることができます。

伊江島から本島へ戻ったら、車で15分ほど北上すると美ら海水族館にも行けますよ!海沿いを走る国道58号線を通って那覇市内まで一直線に戻ることができるので、ほかの観光地へのアクセスもしやすいと言えるでしょう。

沖縄の観光スポット美ら海水族館のレビュー

2016.04.19
付近のホテル

付近のオススメホテル

古宇利島マジックアワーRUN in 今帰仁村

  • 開催日:2017年4月15日(土)15:30スタート
  • 場 所:〒905-0492 沖縄県国頭郡今帰仁村字仲宗根219
  • 電 話:0980-56-2256(今帰仁村役場経済課内)
  • 競 技:ハーフ
  • 参加料:ハーフ 4500円

マジックアワーとは、日の入り前の最も空気が澄んだ時間の事をいいます。その夕陽の綺麗な時間帯に夕陽を浴びながら完走をめざすというもの。

沖縄本島の北部に位置する今帰仁村にある今帰仁村総合運動公園で開催されます。今帰仁村総合運動公園からスタートし、古宇利島を目指します。古宇利島にある古宇利大橋で走るランナーの影が海にうつり、幻想的な雰囲気でのマラソンを体験することができる大会となっています。

定員は4000人となっています!毎年人気で参加者が殺到する大会となっているので、検討されている方は早めに…。参加賞はTシャツ、完走者全員に完走証、完走メダルとなっています♪

付近のホテル

付近のオススメホテル

全日本トライアスロン宮古島大会

  • 開催日:2017年4月23日(日)7:00スタート
  • 場 所:宮古島市
  • 電 話:0980-56-2256(今帰仁村役場経済課内)
  • 競 技:スイム・バイク・ラン
  • 参加料:40,000円

今年で第33回を迎える全日本トライアスロン宮古島大会。

トライアスロン大会なので、スイム・ラン・バイクの三種競技が行われます。その為、宮古島全体を使って大会が行われます。

トライアスロンはマラソン大会の中でも最も過酷な競技とも言われています。参加費も40000円と、ほかのマラソン大会に比べると高額になってしまいます。マラソンやスポーツの上級者向けのイベントとなっていますので、体力や健康に自信がある方のみ参加するようにしましょう!

ちなみに申し込み期間は、毎年10月~11月にかけて行われます。参加される方は小まめにチェックをお願いします。

付近のホテル

付近のオススメホテル

第3回石垣島ウルトラマラソン大会

  • 開催日:2017年5月14日(日)7時スタート
  • 場 所:〒907-0243 沖縄県石垣市宮良ヨシキド2166-1 サッカーパーク「あかんま」(スタート・ゴール)
  • 電 話:0980-88-6092
  • 受 付:〒907-0022 沖縄県石垣市大川282櫻花ビル 海と自然の体験学習協会2F(前日説明会・参加者受付)
  • 競 技:60㎞(制限時間11時間)
  • 資 格:18歳以上(高校生のぞく)の長距離走歩に耐えうる健康な男女
  • 参加料:10,000円 ※後夜祭参加料2,000円

まるでホノルルマラソンをしているかのような気分が味わえる!と人気なのが、こちらのウルトラマラソン。60㎞という過酷な道のりですが、終わったあとは夕方から行われる後夜祭が待っています♪

お弁当がふるまわれ、さらに多くの景品が当たる抽選会などのイベントも行われるということです。思いっきり走って汗を流して、シャワーを浴びてからビール片手に石垣島の自然をのんびりと満喫する…とってもぜいたくな楽しみ方ができるマラソン大会です。

また、参加賞としてTシャツがもらえるそうですよ。

石垣島は東京や関西国際空港からの直行便もあり、意外とアクセスしやすいのが嬉しいところ。宮古島や西表島といった周辺の離島めぐりもしやすいですし、人気の観光地でありながら手付かずの自然が多いのも特徴です。より「沖縄感」を感じられる土地になっていますよ!

付近のホテル

付近のオススメホテル


…いかがでしたか?沖縄では本島・離島問わずさまざまなところでマラソンが行われます。今回ご紹介したマラソン大会は、まだまだエントリー可能なので友人やご家族みんなでチャレンジしてみてはいかがでしょうか!?


ABOUTこの記事をかいた人

エミリー

広島から沖縄に移住してきたエミリです♪憧れの沖縄での生活を活かして沖縄の移住や文化について体験談を元にお伝え出来ればと思います。その他にも沖縄に関する様々な情報を発信していきます!