冬にしか体験できない沖縄のアクティビティ!ホエールウォッチング

沖縄の冬は泳げないからつまらない・・・なんて思ってはいませんか?沖縄の冬は、ホエールウォッチングで毎年盛り上がります。クジラは沖縄以外でも見る事ができますが、冬の沖縄ではクジラ遭遇率はなんと90%以上!まだ一度もホエールウォッチングを体験した事がないという方は、ぜひ一度は体験してみてください!目の前で見るクジラの大きさに圧倒されてしまうこと間違いなしです!

冬の沖縄で感動体験!ホエールウォッチングでクジラと遭遇体験!

クジラ

沖縄と言えば、どのようなイメージを思い浮かべますか?多くの方が「夏」「海」「マリンスポーツ」などを思い浮かべるかと思います。

「海で泳ぐことが出来ない沖縄ではどういう事ができるの?」と疑問に思っていらっしゃる方も多いかもしれません。

実は・・・沖縄なら、冬でもマリンアクティビティを楽しむことができるんです!冬の沖縄を楽しむことができる「ホエールウォッチング」について、ご紹介していきます!

目次 ページガイド

沖縄でクジラを見よう!ホエールウォッチングについて

くじら

マリンアクティビティが人気の沖縄ですが、それって夏だけだと思っていませんか?

ダイビングやスキューバダイビングといった海の中を楽しむメニューはもちろんなのですが、海の上からでも楽しむことができるものもたくさんあります。

エミリー

そのひとつが「ホエールウォッチング」です。

ホエールウォッチングはその名前のとおり、クジラを目の当たりにすることができるという貴重な体験ができるもの。クジラは世界最大級の哺乳類として知られていて、特に日本人にとっては口にすることもあり親しまれている動物となっています。

そんなクジラは冬になると、あたたかい海にあらわれるようになります。

つまり日本で言えば南の海、小笠原や沖縄周辺の海ということになり、このあたりでは12月ごろからだんだんとクジラを見ることができるようになります。そのため、これからの季節の沖縄はホエールウォッチングの最盛期ということになるんです。

沖縄でのホエールウォッチング、メリットって?

疑問

先ほども述べたように、日本の中では沖縄でなくともクジラを見ることはできます。

しかし、沖縄でのホエールウォッチングはまず「遭遇率」が高いということが特徴になっています。

日本の南国・沖縄ではあたたかい海水に惹きつけられたクジラたちがやってきて、特にザトウクジラはこの時期に出産をして子育てをスタートしていきます。あたたかいこの時期に子育てをし、沖縄の海でのんびりと過ごしていくのです。

なので、出産後の2~3月ごろはとても多くのクジラに会うことが可能となっていて、そのため遭遇率が高いということになっています。

また、「沖縄=夏・暑い」というイメージが多いと思いますが、冬の沖縄は観光をする方にとっても快適に過ごしやすい時期。観光をしたりホエールウォッチングをしたり、夏のように日差しにやられてしまうこともなく沖縄を満喫することができますよ。

沖縄でホエールウォッチングをするならココ!

オススメ!

ホエールウォッチングを行っている企業さんは多くありますが、今回ご紹介するのは、クジラ遭遇率90%以上の高い遭遇率を誇る企業さんです。お子さんと一緒にぜひ、思い出づくりの一環で参加してみてください♪

クジラ遭遇率98% NEWS

  • 住所

    〒901-0155 沖縄県那覇市金城3-7-2

  • 電話

    098-891-9090

  • 問い合わせ・予約専用電話

    0120-363-364

  • 料金

    大人4,200円(12歳以上) 小人3,200円(3~11歳まで)

  • 集合場所

    三重城港(みいぐすくこう)
    〒900-0036 沖縄県那覇市西3丁目20

  • 注意事項

    3歳未満のお子さんは安全上、参加できないこともあります!

こちらの集合場所はとてもアクセスしやすい場所にあり、那覇空港からは車で10分ほどのところ。近くにはホテルや飲食店なども多く、滞在するにはピッタリのところです!

「NEWS」は、年間で18,000人もの方を案内してきたという沖縄きってのホエールウォッチングを楽しむことができる会社。

那覇市内であればホテルへの送迎サービスもあるほか、万が一どなたもクジラを確認できなかったという場合は料金を全額返金してくれるという自信のあらわれも。また、船酔いがちょっと心配・・・という方でも安心できるのが、NEWSで利用されている船は揺れに強い、大型の双胴船となっています。

船内にはトイレもありますので、安心して楽しくホエールウォッチングをすることができますよ!

クジラ遭遇率98% セルリアンブルー

  • 住所

    〒900-0002 沖縄県那覇市曙2丁目24-13 曙沖商ビル6-A

  • 電話

    098-941-6828

  • 料金

    大人4,200円(12歳以上)/子供3,200円(3~11歳)/幼児0円(2歳以下)

  • 営業時間

    平日9~18時 / 土日9~16時30分

  • 集合場所(那覇発)

    三重城港(みいぐすくこう)
    〒900-0036 沖縄県那覇市西3丁目20

  • 集合場所(北谷発)

    北谷フィッシャリーナうみんちゅワーフ
    〒904-0115 沖縄県中頭郡北谷町美浜字54番

こちらのホエールウォッチングは、ファミリーにもぴったり。

3歳から小学生までのお子さんが参加した場合、なんと船長服をきて操縦席に座り、記念写真(インスタントカメラ写真)をプレゼントしてもらうことが可能です!こちらは事前の予約制になりますので、必ず予約をしてくださいね。

また、クジラに会えなければ全額返金してくれるほか、または日を改めて再乗船することも可能なんだそう。

船内にはトイレもありますし、2階建てとなっているので眺めも最高、さらに乗船場所も2か所から選ぶことができますので観光スケジュールも組みやすいのが嬉しいポイント!

安心してホエールウォッチングを楽しむことができそうですね!

クジラ遭遇率ほぼ100% リーファーズ

  • 住所

    〒900-0036 沖縄県那覇市西1-21-6

  • 電話

    098-862-3496

  • 料金

    大人4200円 / 小人(~11歳)3200円

  • 営業時間

    9時~19時(年中無休)

  • 集合場所(那覇発)

    三重城港(みいぐすくこう)
    〒900-0036 沖縄県那覇市西3丁目20

2017年1月7日~3月31日まで行われる、ホエールウォッチングツアー。

2016年度のクジラとの遭遇率はなんと!ほぼ100%の遭遇率なのだそう!前日の営業時間内(9:00~19:00)まで予約を受け付けているそうなので、旅行中に急に思い立った場合でも参加することが可能です!

ナガンヌ島に上陸も!ナガンヌ島公式サイト

  • 住所

    〒900-0012 沖縄県那覇市泊3-14-2(集合場所もコチラです!)

  • 電話

    098-860-5860

  • 料金

    中学生以上4,200円 / 4歳~小学生3,200円 / 3歳以下無料

  • 営業時間

    8~18時

那覇から20分ほどで行くことができる離島、ナガンヌ島。(正式名称は慶伊瀬【けいせ】と言うそうです)

危険生物(ハブなど)はおらず、ウミガメやオオヤドカリ、そしてザトウクジラをはじめとした貴重な動植物がたくさん暮らしている島なんです。

ナガンヌ島の上陸と、ホエールウォッチングがセットになっているプランも人気です!

ナガンヌ島

こちらのホエールウォッチングの特徴は、その魅力的なナガンヌ島に30分ばかりではありますが寄り道をし、上陸することができるところ。サンゴのかけらがいっぱいのビーチは美しく、海の色は絵にかいたようなエメラルドグリーンやマリンブルー。これぞ理想の沖縄の海!という海をじっくり楽しむことができますよ。

また、船上でドリンクサービスや船酔いを紛らわせられるアメの嬉しいサービスも!

所要時間はナガンヌ島上陸を含めて4時間半ほどとなっていますが、船が苦手だという方でも穏やかな海なので安心してホエールウォッチングができます。

90%以上を誇る遭遇率!ぜひクジラに会いに行ってみて!

クジラ

いかがでしたか?

クジラを目の当たりにするというのは、なかなかできない経験。

もしも、クジラに出会うことができなかったら返金、もしくは再チャレンジというところがほとんどですので、安心してチャレンジすることができるのも嬉しいところ!

エミリー

沖縄の海は泳ぐだけでなく、このようにクジラなど貴重な生き物と出会うチャンスもあるので、冬ならではの海の楽しみ方としてトライしてみてくださいね。


ABOUTこの記事をかいた人

エミリー

広島から沖縄に移住してきたエミリです♪憧れの沖縄での生活を活かして沖縄の移住や文化について体験談を元にお伝え出来ればと思います。その他にも沖縄に関する様々な情報を発信していきます!