沖縄への移住者が沖縄で仕事を探す方法

沖縄に移住すると決めた時、沖縄で過ごしていく為に必要なお仕事。あなたは沖縄でのお仕事についてどの程度知っていっていますか?沖縄で仕事をする際の給料や仕事の探し方、求人が多い職種について学びましょう。

目次 ページガイド

沖縄での仕事、転職…うまくいく!?

沖縄への移住者が沖縄で仕事を探す方法

就職難だ、仕事が見つからないと嘆く人がとても多くなっている時代。ある程度年齢を過ぎたところでの転職や再就職は、とても勇気が必要なことですよね。

さて、沖縄への移住を考えている人にとって避けて通ることのできない道が、この仕事について、つまり転職についてです。なかなかうまくいかない転職についてですが、沖縄で就職するのって実際のところはどうなのでしょうか…?

沖縄というと観光やマリンスポーツといったものが思い浮かぶと思いますが、もちろんそのほかにもさまざまな職種のお仕事があります。

とは言え、本当にきちんと転職・再就職できるのか?お給料は今(本土)と変わらないくらいもらえるのか?など、不安がいっぱいだと思います。沖縄ではどんな仕事があり、実際のお給料はどのようになっているのでしょうか?

沖縄での生活費ってどれくらい必要?家賃はいくらくらい?

2016.11.21

最初に言っておきますと、実は沖縄というのは日本全国の中でも失業率がトップの県。(!)確かに観光やマリンスポーツが盛んではありますが、それでも失業率が高いというのはどういうことなのでしょうか。

沖縄ではそもそも求人の数がそれほど多くありません。また、職種も限られてきます。ですから、沖縄では自分のやりたい職業に就くことができるかどうかというのはとても難しい問題なのです。

沖縄本島の移住にオススメの場所とその理由

2016.10.20

沖縄での就職面接で聞かれること

面接

沖縄での就職活動をし、面接を行う中でほぼ聞かれることがあります。「なぜ沖縄に来たの?」ということと「いつまで沖縄にいるの?」ということです。

特になぜ沖縄に来たのかという質問ですが、これに対して海を眺める生活がしたい・自然と触れ合いたい・青空を見ていたい…などと言えば、正直なところまず本土へUターンしてしまうと思われます。これらの理由で沖縄に来たということは観光の延長線上でやってきたという程度にしか見られないことがほとんどだからです。「沖縄の○○で○○がしたいから来た」というふうに、具体的な目的を持っていなければ早い段階で沖縄への移住を諦めてしまうことになりかねません。

沖縄での就職やアルバイトの面接のときには、きちんと自分の目的ややりたいことを答えられるようにしておくのがポイントです。また、女性であれば既婚かどうか、お子さんはどうするか、お子さんができたら退職するかどうかなども聞かれるかもしれませんので、旦那さんがいる場合には事前に相談しておきましょう。

沖縄でどうやって仕事を探すの?

国際通り

沖縄現地に行ってから仕事を探すということになると、かなり時間がかかってしまいます。もちろん移住してからハローワークを利用するという方も少なくありませんが、移住前に住居を決める際、仕事が決まっていないとダメという不動産屋も少なくありません。事前に面接などアポイントを取っておいて、仕事の面接・賃貸契約・周辺の探索を兼ねて現地入りするようなスケジュールを組むと、時間の無駄もなく過ごすことができます。

そのため沖縄で仕事を探すためには、まず本土にいるときから探すことをオススメします。本土にいるときでも、沖縄での仕事にある程度の目星をつけることは可能です!求人サイトをチェックしてみると、意外と多く記載されているんです。またこういった求人サイトはひとつではありませんし、全国的な大手のものはもちろん、沖縄の求人に特化したサイトをめぐるのもオススメです。

タウンワーク
リンク:https://townwork.net/okinawa/
WEBAgre(ウェブアグレ
リンク:https://webagre.com/
求人ルーキーWeb
リンク:https://www.shigotoarimasu.com/

このほかにも、もし沖縄の気になる企業のホームページを見かけたらチェックしてみてください。

求人ページを見てみると、多くは今は募集していないという言葉が並んでいるかと思いますが、実は求人サイトに掲載する費用などを惜しんでいたり、実は新規採用を検討していることも。気になったところや気になる職種のところにはまず連絡をしてアタックしてみると良いでしょう。

沖縄で求人が多い職種って?

仕事

実際に沖縄で仕事をするにあたって、どういった職種の募集が多いのでしょうか?たとえば、観光にかかわる仕事。

  • マリンスポーツ
  • 飲食業
  • おみやげ店

などですね。しかしマリンスポーツについてはやはり夏場が主になりますし、飲食店も入れ替わりが激しいのが実情です。

また、夜の飲食店やお水といったお店の募集も少なくありませんが、こういったお店では意外と地元の人が多く雇われているためなかなか働くことができないことも。就職のしやすさ・安定した賃金などを考えると、就職して働くのはもちろん、ウェブライターやクリエイターとして自分で仕事を受注することもオススメです。こういった仕事であれば、パソコンひとつあって、通信環境が整っていればいつでもどこでも仕事をすることができるので、移住者の中にはこのような仕事をしている人も少なくありません。

そして、沖縄の中でも人気の職種なのがコチラ。

保育士

実は沖縄県の出生率・待機児童数ともに全国トップとなっています。日本のどこでも保育士さん不足が問題となっていますが、特に子どもの数が多い沖縄では保育士さんの募集をよく見かけることができます。

看護師

沖縄では正看護師・准看護師ともに募集が多くなっています。また助産師や薬剤師など、医療にかかわる職種については常に求人があると言っても過言ではありません。月収については全国的にみると低くなりますが、それでも沖縄県内での女性の月収でみるとかなり好条件だと言えるので人気となります。

このように、資格を持っているという方は沖縄に限らず、やはりどこに行っても就職に有利だということがわかりますね。飲食業、またコールセンターなどは特に資格も必要ありませんので、誰でもチャレンジすることが可能です。何にせよ、沖縄への移住で転職を考えているという方はまず下調べをじゅうぶんに行っておくことが重要ですよ。


沖縄への移住者が沖縄で仕事を探す方法

ABOUTこの記事をかいた人

エミリー

広島から沖縄に移住してきたエミリです♪憧れの沖縄での生活を活かして沖縄の移住や文化について体験談を元にお伝え出来ればと思います。その他にも沖縄に関する様々な情報を発信していきます!