沖縄までの引っ越し、どれくらいの料金がかかる?

沖縄へ移住!と、意気揚々と計画を立てていく中で心配になるのが「お金」の問題。ここでは沖縄へ引っ越すにあたってどの程度の費用がかかるのかを見て行きましょう。

目次 ページガイド

沖縄への引っ越しについて

沖縄までの引っ越し、どれくらいの料金がかかる?

沖縄は遠いところです。フェリーでも行くことはできますが、たいていの場合にはどの地方からでも飛行機で行くでしょう。下見の際にかかる交通費・宿泊費・食費に加え、物件の契約費用、転職する際の費用、当面の生活費などなど。移住をするためにはどうしてもお金がかかってしまうものです。

各地域から沖縄までの移動時間や交通費について

2016.10.12

そして、特に気になるのがいざ移住するというときにかかる「引っ越し」のための料金です。同県内・市内などの引っ越しは割とスムーズに、そしてリーズナブルな価格でできることが多いですよね。

しかし、海をまたいでの引っ越しとなるとどれくらいの料金になってしまうのでしょうか?また、自分ひとりで行く・家族を連れていくなど、それぞれの家族のスタイルで引っ越しのスタイルも変わってくるものです。ここでは、それぞれのスタイルで引っ越しする場合、どれくらいの料金がかかるかの目安をご紹介していきます。

沖縄までどんな荷物の運び方がある?

飛行機と船

引っ越しをするにあたって、いろいろな方法を考えるかと思います。

  • 引っ越し業者を利用する
  • そのほかの配送方法を利用する
  • 自力で引っ越しする

という方法が一般的かと思います。この中で3つ目の自力で引っ越しをするというのは、場所が近い場合や極端に荷物が少ない場合などに、自分でトラックを借りたり友人の助けを借りて行ったりする方法ですね。学生さんなどにはよくある方法かと思いますが、沖縄への引っ越しでは現実的ではありません…。

では、引っ越し業者とそのほかの配送方法について。

引っ越し業者というのは、たとえば全国的にもよく利用されているサカイ引越センターやアリさんマークの引越社、日通などの業者を利用するもの。そのほかの配送方法というのは、日本郵便のゆうパックやヤマト運輸などの宅配便サービスを利用するものです。

引っ越し業者は荷物の梱包から配送、荷ほどきまで頼むことができます。荷物が壊れてしまったときの保障や、プロのサービスを受けることができるので安心して引っ越しを頼むことができます。ですが、そのぶん料金がかかってしまったり、引っ越しシーズンで忙しいときにはさらに割高になってしまうことも。

宅配便やゆうパックといったそのほかの宅配サービスですが、これは大きさや重さの上限があるもののうまく利用すればとても安く荷物を配送することができます。これらの方法を組み合わせて安く、うまく引っ越しをしたいものですね。

単身での沖縄引っ越し

引っ越しの場合では引っ越し業者による「単身パック」などというお得なプランがありますよね。これは、決められた量で荷物がおさまる場合、他の単身パックの人の荷物と一緒にトラックに乗せられていくため、価格を安くすることができるものです。

引っ越し

一人暮らしの場合の家財

  • テレビ
  • 2ドアタイプの冷蔵庫
  • ちゃぶ台程度の小さな机
  • 掃除機
  • 洗濯機
  • 電子レンジや炊飯器といった家電製品
  • 衣装ケースやタンス

これに、服やその他もろもろの小物…といった具合でしょうか。単身パックなら、コンパクトに荷物をまとめられる場合が多いのですが、それでも沖縄へとなるとかなりの料金がかかってしまいます。時期(繁忙期)と距離によっては単身パックにもかかわらず、家族数人での引っ越し分の料金がかかることもありますので、これから沖縄での新生活を考えるとちゅうちょしてしまいますよね。

では、ゆうパックを利用してみましょう。

日本郵便のゆうパックですが、ひとつの荷物が重さ30キロまで、かつ長さ・幅・厚さの合計が1.7メートル以内のものなら利用することができます。3辺の長さ合計が1.7メートルというのは、実際に見てみるとかなり大きいものです!服や生活用品などの小物なら段ボールにまとめてみるとスッキリとおさまります。

独身用の小さな冷蔵庫などの家電でも、重さとサイズがおさまっていれば段ボールをつぎはぎで梱包して(ひとつの箱に見えるようしっかりと梱包しましょう)送ることができます。

実際に、ゆうパック数十個にまとめて荷物をすべて沖縄まで送ったという方は多くいらっしゃいます。料金が明確ですし、複数割引といって宛先が同じものを2つ以上送ると1つあたり60円が割引されるのでお得。

また、到着もとっても早いのが魅力的。東京から沖縄までを例にみると、最短で差し出した2日後に到着します。これなら沖縄に移動してからすぐに荷解きをすることができますので、生活に困ることがありませんね。

もうひとつ、単身の場合には安く引っ越しを済ませる方法が。

クロネコヤマトでおなじみのヤマトホームコンビニエンスのサービス「家具家電レンタル・単身引っ越しサービス」があります。これは、新生活で必要な大きな家具・家電をレンタルし、引っ越し先へ送る家財の量をぐんと減らすというもの。引っ越し料金の見積もり結果で、輸送するより新しいものを買った方が安いんじゃ…?という結果になることも。

そのとき、これまで使っていた家電などはリサイクルショップやクロネコヤマトの不用品買取サービスを利用して処分。身の回りの最低限のものだけを運んでもらうというサービスです。引っ越して落ち着いてから現地で必要な家具・家電を買いそろえて、レンタル品は後程返却。スムーズに引っ越しができ、さらに沖縄での生活スタートにも困ることがありません。

ファミリーでの沖縄引っ越し

引っ越し

家族で沖縄に移住するという場合。荷物量は単身と比べ物にならないくらいあると思いますし、さらに冷蔵庫なども大型になるでしょう。乾燥機やダイニングテーブルセット、ソファーなど大型家具がたくさんあるでしょうし、かなりの量になります。

そういったとき、やっぱりプロの引っ越し業者に依頼するのが良いでしょう。大手の引っ越し業者に頼むかと思いますが、まずポイントは1社だけに見積もりを頼むのではなく、複数の引っ越し業者、できるだけ多くの業者に見積もりを依頼してみましょう。

見積もりを見てもらうのはどれも無料となりますので、安心してくださいね。実際に家に来てもらい、家にある荷物の量を見てもらって料金を提示してもらうというものです。このとき、複数の業者に来てもらって見積もりを出してもらうことで、業者側は契約を取るためにより安い料金を提示してくれます。

他社の見積金額を伝えてもOK、それからどんな対応をしてくれるかなど業者側の対応やサービスを見ながら、利用する業者を決定していきましょう。

単身でもファミリーでもいえることなのですが、できるだけ運ぶ荷物を減らしておくということです。大きな家具や家電の場合、古くなっているものはこの機会に思い切って処分して、現地で購入するというのもアリです。

東京から沖縄への引っ越しは時期・荷物の量にもよりかなり差がありますが、50万円はかかると思っておくと良いでしょう。

さらに、そこに車などがある場合。東京から那覇までは軽自動車でも乗用車でも6万円ほどかかりますので、家の中にあるものだけでなく車などの輸送も注意です。また、ピアノなど特別料金がかかる家財もありますので、見積もり時に必ずチェックしておきましょう。先ほどご紹介したゆうパックを併用して、細々したものはゆうパックに送るなどお得に引っ越しをしていきましょう!

沖縄へお得に引っ越すためのポイント

ポイント

いかがでしたか?沖縄へお得に引っ越しするポイントですが、以下にまとめてみました。

  • ゆうパックを併用、利用する
  • 単身パックなどお得なプランを利用する
  • 見積もりは複数の業者からとる
  • 大きな家具や家電は思い切って処分、現地で買いなおす!
  • まずは荷物を減らすようにする
  • 引っ越し業者の繁忙期(3~5月ごろ)は避ける

たくさんのポイントがあると思います。引っ越しはとても大変ですし、ましてや海をまたいで沖縄へ。荷造りをはじめ移住への準備でバタバタとしますので、できるだけ余裕を持って早めに引っ越し準備に取り掛かることができると良いですね。


沖縄までの引っ越し、どれくらいの料金がかかる?

ABOUTこの記事をかいた人

エミリー

広島から沖縄に移住してきたエミリです♪憧れの沖縄での生活を活かして沖縄の移住や文化について体験談を元にお伝え出来ればと思います。その他にも沖縄に関する様々な情報を発信していきます!