トゥクトゥクに乗って沖縄観光を楽しもう!

何度も沖縄へ観光に来ているという方は「いつもとは違った体験をしてみたい!」という事で旅行雑誌をみたり、SNSで情報を取り入れたりしている方も多いのではないでしょうか?そんな、いつもとは少し違った体験をしてみたいという方に、お勧めしたいのが沖縄のトゥクトゥクです。

沖縄でも最近見かけるトゥクトゥク

トゥクトゥクに乗って沖縄観光を楽しもう!

トゥクトゥクという乗り物を知っていますか?

トゥクトゥクはタイで見られる観光客向けの三輪車タクシーのことです。タイ語での正式名称は「サムロータクシー」といい、サムローとは3つの車輪があるという意味なんだそうです。

トゥクトゥクという名前の語源は、トゥクトゥクのエンジン音が「トゥクトゥクトゥクトゥク」と音を立てて走ることからきているそうなんですよ。

そんなタイの乗り物でよく知られているトゥクトゥクですが、最近沖縄でも走っているのをご存知でしょうか?昔から沖縄でトゥクトゥクが走っているわけではなく、沖縄を走り始めたのはここ最近のこと・・・。

旅行で沖縄に来られた方は「沖縄でトゥクトゥクが走っているの!?」とビックリする方も多いようです。そこで今回は沖縄でも乗ることができるトゥクトゥクについてご紹介したいと思います。

目次 ページガイド

トゥクトゥクはどの国で利用されているの?

トゥクトゥク

トゥクトゥクといえばタイを思い浮かべる方が多いかと思います。実は、タイ以外の国でも三輪車タクシーは走行しており、国によって名前の呼び方が異なります。

  • タイ:トゥクトゥク(サムロータクシー)
  • インド:オートリクシャー
  • バングラデシュ:ベイビータクシー
  • ネパール:テンプー
  • スリランカ:スリーホイラー
  • インドネシア:バジャイ
  • フィリピン:トライシクル
  • ラオス:サムロー

このように、色んな国でタクシーとして利用されているトゥクトゥクですが、実は沖縄で見かけるトゥクトゥクはタクシーではないんですよ!

沖縄を走るトゥクトゥクはレンタカー!?

トゥクトゥク

色々な国でタクシーとして利用されているトゥクトゥクですが、実は沖縄のトゥクトゥクはタクシーではなくレンタカーなんです。そのため、自分でトゥクトゥクを運転しなければいけません。

トゥクトゥクを運転するためには、普通自動車運転免許が必要です。オートマチック限定免許でもOKです。

とても貴重な体験になることは間違いありませんが「運転してみたけど怖いから、やっぱりキャンセルしたい」とか、「怖くて道に出る自信がない」など自身の都合で当日にキャンセルされる場合は、100%のキャンセル料が出るようなので、運転慣れしていない方にはオススメはできません。

ちなみに、沖縄のトゥクトゥクはタイ製で4人乗りなんだそうです。

トゥクトゥクの運転は誰でもできるの?

トゥクトゥク

乗り慣れないものを運転するのは、少し怖いですし不安になりますよね。

上でもお話ししましたが、トゥクトゥクは運転免許を持っている方であれば、女性でも簡単に運転することができます。三輪車タクシーなので、ヘルメットを着用する必要もありません。また、手荷物を置けるスペースもありますので、荷物が風に飛ばされてしまう心配もありません。

途中で雨が降ったらどうなるの?

また、乗っているときに雨が降ったらどうなるの?と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?

トゥクトゥクは、雨が降っても全く問題ありません。車体の側面にあるカーテンを下ろすことができるので、急な雨でもへっちゃらなんです♪

沖縄のどこでトゥクトゥクをレンタルしているの?

国際通り

沖縄でトゥクトゥクをレンタルしているのは下の企業さんです。

  • トゥクトゥクステーション那覇国際通り店
  • トゥクトゥクレンタカー沖縄

営業所が2ヵ所あるので、宿泊される場所が那覇、または恩納村近辺で有れば気軽に利用できそうですね♪営業所の所在地に関しては下で詳しくご紹介いたします。

トゥクトゥク レンタカー沖縄さんのトゥクトゥクは、タイから取り寄せているタイ製のものですが、外装は沖縄の伝統的なびんがたの模様になっています。また、高音質のスピーカーが備わっていたり、LEDライトでトゥクトゥクを飾ったものもあり、オリジナリティ溢れるものに仕上がっています。沖縄の方はイベントの際にレンタルする方も多いそうです。

トゥクトゥクの貸出料金

貸出料金は利用時間によって異なります。1時間コースから11時間コースまで1時間刻みでコースプランが設定されており、その他にも1泊2日のプランがあります。

1時間コースで3,480円で、1時間ごとに約3200円程度加算されていきます。1泊2日のレンタルで39,800円なんだそうです。

クロエ

借りている間は本島内ならどこへ行ってもOKなんだそうです。

レンタル料に免責補償費が加算

万が一、事故にあってしまった時の為に・・・トゥクトゥクを借りる際は、レンタル料金とは別に免責補償費を支払う必要があります。

免責補償費を支払う事で、通常事故を起こしたときに負担しなければならない車両免責額と対物免責額を免除する事が出来るんです。

なので、運転される方1人1人が支払う必要があります。運転する方が複数いる方は、人数分の免責補償費を支払うことになります。ちなみに、免責補償費は2,300円となっています。

トゥクトゥクを利用する際の注意点

トゥクトゥクを利用する上で、注意しなければいけないポイントがいくつかあります。

  1. 未成年は親権者の同意書が必要!
  2. 高速道路は利用できません。
  3. 裸足やビーチサンダル、サンダル、ヒール、底の厚い靴での運転は禁止!

それ以外にも、後部座席もシートベルトを着用しなければいけなかったり、違法駐車は禁止など、普通のレンタカーを借りる時と同じ注意点が多く存在します。トゥクトゥクだから違法駐車も、電話しながらの運転も許される・・・なんてことはありませんのでご注意を!

子どもも喜ぶトゥクトゥクで家族の思い出を作ってみては?

親子

沖縄の海風を肌で感じながらドライブできるってとても素敵ですねよ♪

小さいお子さんも乗ることが出来るので、家族でトゥクトゥクに乗って沖縄での思い出を作るのもいいですね♪6歳以下のお子さんと一緒に乗る場合、オプションでチャイルドシートを借りることができますので、スタッフさんにご相談くださいね!

クロエ

私はまだ乗ったことはありませんが、走行中のトゥクトゥクをよく目撃します。やはり乗っている人や運転している人はとても笑顔で、一目で楽しいのが伝わってきます。

沖縄の海風や開放感を存分に味わえるトゥクトゥク。車でのドライブとはひと味違った経験ができるのでオススメですよ。

トゥクトゥクレンタカーの営業所

トゥクトゥク レンタカー沖縄さんは、那覇と恩納村に2つの営業所を構えています。

トゥクトゥクレンタカー沖縄

  • 住所:〒904-0401 沖縄県国頭郡恩納村字名嘉真2199-1
  • 営業時間:9:00 ~ 18:00
  • 定休日:年中無休
  • 電話番号:098-967-7109
  • ホームページ:http://tuktuk098.com/rentacar/index.html

トゥクトゥクステーション那覇国際通り店

  • 住所:〒902-0067 沖縄県那覇市安里1丁目1番57号
  • 営業時間:11:00 ~ 22:00
  • 定休日:年中無休
  • 電話番号:098-955-0153