パナソニックの加湿器「FE-KXK05-W」をレビュー

色々な加湿器を購入して最終的にたどり着いたパナソニックの加湿器FE-KXK05。2016年は後継機種のFE-KXL05が発売されていますが、こちらのレビューも参考になるかと思います。

パナソニックの加湿器「FE-KXK05-W」をレビュー

追記:2016年現在はFE-KXK05-Wの新型であるFE-KXL05が発売されています

まずは開封!

箱
本体

箱の中には本体、取扱説明書、後なぜか店頭用のPOPが付属。以下の画像を見て分かるように製品のご使用には不要ですので破棄するように記載されています。なら最初から付属しなくても・・・。店頭にだけ配布すればいいのでは??まぁこういうのを飾るのも楽しいかもしれませんね!

付属品給水

本体右上から水を入れるタンクを取り出せるようになっています。本体正面にはタンクに入れた水の量を見ることができる細長い透明の窓がついています。ここは光るのかなと思いましたが光りませんでしたので、明るいとこでないと水の量は分かりません。

タンク

タンクは結構大きいので、沢山の水を入れる事が出来ます。タンクは抜く時に注意しながら抜いて逆さに持てば床に水がポタポタなんて事はありませんでした。

タンク

タンクを抜いたらこんな感じです。この下に見えている部分は本体の左下からトレーを引き出す事で洗う事が出来ます。下の画像が引き出し手順。

取り外し手順

取り出したトレイの上にあるフィルターも取り外して洗う事が出来ます。取り扱い説明書ではトレイは1ヶ月に1回水洗い、トレイの上にあるフィルターは1ヶ月に1回水かぬるま湯で押し洗いというふうに説明があります。その他の清掃としては本体側面のフィルター(上の画像の手順2で外している部分)を1ヶ月に1回掃除機などで清掃とあります。上の画像にはありませんが、本体の裏に同じようなプラスチックのフィルターが付いています。このように色々な部分が清掃しやすくなっているので便利です。

コントロールボタン

操作パネル部分です。こちらの機種にはリモコンが付いていません。少し残念ですね。では操作パネルについて説明します。

明るさ控えめ
このボタンを押すとランプの明るさを暗くする事が出来ます。明るさを調整出来るのは気が利く機能ですね。
チャイルドロック3秒押し
こちらはボタンの名前の通り、小さな子どもがいたずら出来ないようにする為のボタンで、ボタンを3秒長押しする事でロックがかかり、操作できなくなります。
切タイマー
こちらは指定した時間に本体の運転を停止させるタイマー機能で、2時間か4時間を選択出来ます。どうせなら1時間毎に指定出来るようにしてほしいところですね。
フェイルターお手入れリセット3秒押し
こちらのボタンはちょっと説明がないと分かりくいですね。ボタンの横には「清掃」と「お手入れ」のランプがあります。まず「お手入れ」のランプについてですが、こちらのランプは運転時間が約216時間経過するとお手入れが近づいていますという事を知らせる為に点滅します。点滅は運転を停止しても続きます。そして運転時間が約240時間になると「お手入れ」のランプが点滅から点灯へ変わります。点灯へ変わると運転が自動停止します。ですので、運転が自動停止するのを防ぐ為にはランプの点滅を確認したら早めの清掃を行うようにしましょう。「お手入れ」のランプが点滅、又は点灯したらフィルター等の清掃を行い、「フィルターお手入れリセット3秒押し」ボタンを3秒間押し続けます。このボタンを押す事でフィルター部にナノイーを充満させて清潔にしてくれます。このボタンを押すと清掃ランプが点滅して清掃が始まるのですが、清掃が完了するのに24時間かかります。清掃中に「運転切/入」ボタンを押すと清掃を止め、加湿運転をスタートする事も出来ます。逆に加湿中(運転中)に「フィルターお手入れリセット3秒押し」ボタンを3秒間押しすると清掃の予約になります。予約になった場合は「清掃」のランプが点灯します。運転が停止後に清掃がスタートします。少し分かりにくい感じになってるので、この機能はもう少し簡略化してほしかったですね。。というよりナノイーを充満させる機能は手動ではなく自動で動くようにすればこんな分かりにくい事にならなかったのでは??技術者のみなさん頑張ってください!
お急ぎ
このボタンを押すとすばやく加湿してくれます。30分後に元の運転に戻ります。
自動
自動ボタンを押す度に横にある「おまかせ」「のど・肌」「おやすみ」のランプが切り替わります。「おまかせ」は快適な湿度(約60%)を目安に「弱」~「強」で自動運転してくれます。「のど・肌」はのどやお肌の乾燥が気になるときに選びます。湿度を約60~65%を目安に「弱」~「強」で自動運転してくれます。「おやすみ」は就寝時など静かに運転したい時に選びます。湿度を約60%を目安に「弱」で自動運転してくれます。
連続
お部屋の湿度に関係無く弱、中、強の強さで加湿します。
見出し

良い点

  • 加湿能力が高い
  • ランプの明るさ調整が出来る
  • 色々な部分を取り外せるので清掃がやりやすい
  • 気化式なので、電気代が安い
見出し

残念な点

  • リモコンが無い
  • 細かい機能が無い。例えば切りタイマーが2時間か4時間しか選べない。このへんは液晶パネルを無くしてコストを下げたからだと思います。
  • デザインが普通

以下の商品は後継機種のFE-KXL05です。

カート

パナソニック FE-KXL05-W

今回レビューしました加湿器の後継機種になります。加湿器選びでお困りの方にオススメの商品です。

価格 楽天:15,137円 / Amazon:14,594円

楽天 amazon

※商品の価格は記事作成時点の価格です。価格は変動する事が御座いますので、実際の価格はオンラインショップの商品詳細ページでご確認下さい。


パナソニックの加湿器「FE-KXK05-W」をレビュー