沖縄県民がこよなく愛するポークって何?

沖縄のお土産としても人気が高いポーク缶。最近では沖縄県民だけでなく本土の方にも人気が高まっています。沖縄には色々な種類のポーク缶が販売されています。どれくらいのメーカーがあり、味に違いはあるのか見ていきましょう!

ポーク=スパム!?沖縄県民はポークと呼ぶ!

沖縄県民がこよなく愛するポークって何?

「ポーク」と聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか?豚肉や豚を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

沖縄県民が愛してやまないポーク缶。ハワイ旅行ブームなどもあり本土でも人気が出てきています。そう・・・ポークとは本土の方が「スパム」と呼んでいる食品の事です。

スーパーへ行くと、沢山のポーク缶が陳列されていて、少しでも安いものから買うという方や、どれがいいのか分からないからいつも決まったメーカーしか買わないという方もいます。沖縄で販売されているポークは本土とは違い、値段も格安で沖縄旅行のお土産にポーク缶を買う人も増えているようです。そんなポーク缶についてお話ししていきたいと思います。

目次 ページガイド

「スパム缶」の「スパム」は商品名!?

スパム

本土の方は、ポークのことを“SPAM(スパム)”と呼ぶ方が多いのですが、正式には「ポークランチョンミート」というんです。それを省略して沖縄県民は「ポーク」と呼んでいるんです。

クロエ

SPAM(スパム)というのは、たくさんのポークランチョンミートの中の1つの商品ブランド(商品名)なんです。

本土の方の間ではスパム缶がメジャーとなっていますが、沖縄県民はスパムを買う人は少なく、TULIP(チューリップ)派が多いんですよ。スパムは少し塩気が強いのですが、チューリップはスパムに比べると塩分が控えめなのでオススメです。

沖縄で販売されているポークランチョンミートの種類は?

ポークランチョンミート

ポークには種類があり、SPAMというのは1つの商品ブランドだと書きましたが、他にはどんな種類があるのかご紹介します。 ポーク缶の種類によって油分や味も全然違うんですよ。

SPAM(スパム)

原産国はアメリカで、青いパッケージでお馴染みの商品です。本土の方は、こちらの商品をよく目にするのではないでしょうか。SPAMは塩味がきいていて、ポーク缶の中でも味が濃いめです。減塩でも、他のポーク缶よりしっかりとした味わいなのが特徴です。

TULIP(チューリップ)

チューリップのポークランチョンミートはデンマークで生まれ、今も変わらずデンマークの工場で製造しています。沖縄ではチューリップは根強い人気を誇っています。チューリップのポーク缶は、薄くもなく濃くもなく程よい味わいです。沖縄で人気ナンバー1のチューリップだけあって、チューリップの日本支店は沖縄県那覇市にあるんですよ。

Hormel(ホーメル)

原産国はアメリカ合衆国で、他のポーク缶と比べると薄味です。油分が多めでやわらかい食感で、お子様も食べやすい感じです。

Midland(ミッドランド)

原産国はデンマークで、SPAMやTULIPに続いて、沖縄ではメジャーな商品だと思います。スーパーに行くと必ずこの3つのメーカーは並んでいます。ミッドランドは、他のポーク缶と比べると安く販売されています。「今開いてます!」のCMでお馴染みのスーパー「ユニオン」では150円くらいで販売されています。(沖縄のローカルCMです。)味も言うことなし!ミッドランドもオススメです。

わしたポーク(わしたショップのオリジナル商品)

原産国は日本です。沖縄県産の豚肉を使用し、できる限り沖縄県産の原料を使って作られています。カリっともちっと、ジューシーな味わいです。化学調味料・結着剤・発色剤・不使用のポークで、小さなお子さんにも安心してお召し上がりいただけます。

PORK(コープのオリジナル商品)

原産国は日本、原材料の大部分をしめる豚肉を沖縄県産にこだわっています。発色剤、結着剤、化学調味料不使用なので、子供に安心して食べさせられるポークということで人気です。ポークがとてもやわらかく出汁のような味わいがします。

うちなーポーク

うちなーポークは、沖縄のローソンが限定で販売しているローソンセレクトの商品です。原料に沖縄県産豚肉を使用しており、ジューシーさを活かしたポークランチョンミートに仕上がっています。ローソンで購入できるのが手軽でいいですよね♪ちなみに、ローソンセレクトの商品は、沖縄のスーパー「サンエー」でも取り扱っています。

沖縄にはこんなに沢山の種類のポークランチョンミート(スパム缶)があるんです。味もやわらかさも種類によって全然違います。子供がいる家庭はわしたポークやCOOPのポークを選んで食べているようです。

ポーク缶の開け方に苦戦!?

沖縄の人は当たり前のようにスイスイ開けているポーク缶。本土の方は、結構苦戦しているようで「失敗した!」という話もよく耳にします。ポーク缶には蓋のような開け口であったり、鍵のようなもので、缶に添ってクルクルと回してあけるタイプのものがあります。

蓋タイプだと、すぐに開けることはできますが、ポークを出すのに苦戦します。すっと出てきてくれればいいのですが・・・・なかなか出てこない。そんなときはポーク缶の両端を指で押して空気を入れるようにし、まな板に叩きつけるように出す。そのほかに、ポークの周りを爪楊枝や竹串などを一周させるとスポっと出てます。

一番厄介なのは、ツメに鍵を引っ掛けて缶に添ってクルクルと開けるタイプです・・・。途中でツメが折れてしまったり、巻口がずれてしまって上手く回せなくなったりと、失敗する確立が高いのです。

チューリップ
エコパック
クロエ

私も料理を始めたばかりのころに失敗した経験がありますが・・・そうなるともう缶切りなどで開けて出すほかありません。ポーク缶(スパム缶)を開けることにストレスを感じるという方は、チューリップのエコパック(プラスチックパッケージ)がオススメですよ♪

ポークは焼く以外もおいしい!

おにぎらず

ポーク(スパム)というと、スパムおにぎりが一番に思い浮かぶのではないでしょうか?沖縄ではおにぎり(ポーク玉子おにぎり)はもちろん、それ以外の調理法も多くあるのでご紹介いたします。

目玉焼き

ウチナンチュならではのポーク缶の使い方

チャンプルー類
野菜チャンプル―や、豆腐チャンプルーなどには必ず入っています。チャンプルーには欠かせない材料だと言っても過言ではありません。
沖縄そばの具として!
お店で食べる沖縄そばは、ソーキが入っていますが、沖縄の家庭でつくる沖縄そばには、ソーキのかわりにポークが使われることがあります。ポークそばを出しているお店もあります。
お味噌汁
お味噌汁の具にポークを使う家庭もあります。豚肉の油分が溶け出し、味噌汁がまろやかな味わいになってとても美味しいです。
カレーライス
沖縄ではカレーに入れるチキンや豚肉のかわりに、ポークを入れる家庭も多くあります。これもまた、ポークの油分でまろやかさが出て美味しいです!小さな子供がいる家庭ではポークカレーが一般的です。
天ぷらの具材として
沖縄ではポークを天ぷらの具材として使用するご家庭も多くあります。ポークを単体で揚げる家庭もあれば、インゲン豆とポークを海苔で巻いて一緒に揚げる家もあります。

ポークは炒めて食べるだけでなく、いろんな使い方があります。筆者がオススメなのは、ポークカレーとお味噌汁です。なんだか安心する味になるんですよ。試す機会があれば、是非試してみてくださいね。


沖縄県民がこよなく愛するポークって何?