甘露のレビュー

甘露は沖縄県南城市玉城にあるホテル百名伽藍(ひゃくながらん)内にあり、沖縄の食材を使った会席料理を楽しむ事ができます。

甘露で会席料理を食べてみた

今回は百名伽藍(ひゃくながらん)へ宿泊するにあたって、夕食はこちらの甘露で頂くことになりました。

まずはお品書きが出てきます。

お品書き

龍譚の豆腐よう

龍譚の豆腐よう

島豆腐を紅麹菌に漬け込み発酵させたものです。アルコールの味と香りがとても強く、お酒が苦手な方は、かなり苦手かもしれません。少しずつチビチビと食べて楽しみましょう。

美ら碧寄せ~黄味酢がけ~

美ら碧寄せ~黄味酢がけ~

海老や海藻などを出汁のゼリーで固めたもので、ソースは玉子の黄身と酢をブレンドしたソースだそうです。 出汁の味がしっかりと凝縮されたゼリーでした。とてもあっさりしていて美味しかったです。

ミヌダル、田芋甘味辛煮、昆布巻き、ンムクジ、グルクンの若狭焼き

ミヌダル、田芋甘味辛煮、昆布巻き、ンムクジ、グルクンの若狭焼き

このお皿の料理は、琉球王朝時代に王様が食べていた料理を再現したものだそうです。

ンムクジは紅芋とサツマイモを練って固めたものが乗っています。その下にあるのはモズクの煎餅、モズク煎餅を支えているものは、揚げ豆腐でした。

サツマイモと紅芋を一緒に食べると、サツマイモの味が紅芋に負けてしまう事が判明。モズクの煎餅は、ほんのりモズクの味はするものの、塩がかかっているわけでもないので、ほとんど味の主張がありませんでした。

ミヌダルは豚肉を黒ゴマダレで包んで蒸したものです。豚肉の味、旨みがゴマに負けておらず、どちらの味もしっかりと楽しめました。

昆布巻きはお魚を昆布で巻いた物でした。おせち料理に入っているような感じの味です。

グルクンの若狭焼きの下には紅芋チップス、グルクンに添えられているのはオオタニワタリだそうです。

オオタニワタリは、沖縄でよく育てている方がいますが、オオタニワタリを食べるのは石垣島だけの風習なのでミッチェル&ジェイカは、初めて食べました。

オオタニワタリは山菜に近い感じの食感と味です。初めて食べたので、味の例えようがありませんでした・・・。

グルクンは、文句なしに美味しいです♪紅芋チップスは、紅芋を揚げただけのものだったので、甘みも塩みもありませんでした。

田芋甘味辛煮は揚げた田芋に砂糖醤油のタレを染み込ませたものです。これは沖縄ではお正月などによく見かけます。田芋に染み込んだ砂糖醤油が、とても相性が良くてめちゃくちゃ美味しいですよー♪

全ての前菜を食べて、これから後に出てくる料理が楽しみになってしまうくらい、本当に美味しかったです。

活海老の洗い、ミーバイ昆布

活海老の洗い、ミーバイ昆布

4品目に目でも楽しむことが出来るお造りが登場。

左から、五色海老の刺身・キハダマグロのお刺身・ミーバイの昆布〆と並んでいます。五色海老とは、伊勢えびと同じ種類の海老ですが、沖縄で獲れたものに関しては「五色海老(ごしきえび)」と言う名前に変わるそうです。お刺身はまろやかな味わいなので、好みですだちを絞って食べます。

海老のお刺身は、プリプリしているものや、コリコリしているものがあり、様々な食感の違いを楽しむことが出来ました。ミーバイの隣にある紫の葉は「紅たで」というもので、サシミのツマによく用いられるものです。醤油の中にいれてサシミと一緒に食べる物です。少しピリッと辛みがあります。

お造りと一緒にカニスプーンが出てきます。「海老に身が残っているので、良ければお召し上がりください」と言っていたので、ほんの少しだろう…と思っていましたが海老を裏返してビックリ?

エビを裏返し

身や味噌がたっぷり詰まっていました。海老は、生とボイル2種類の味を楽しむことが出来ました♪海老味噌は蟹味噌に比べ、味は薄めでした。海老を触った手を拭いていたおしぼりは、次の料理が来る前に新しいおしぼりに取り換えてくれます。細やかな気遣いが本当に素晴らしいです♪

ジーマーミーのポタージュ仕立て~海老真丈~

ジーマーミーのポタージュ仕立て~海老真丈~

ジーマーミーとは、ピーナッツの事です。ピーナッツのポタージュの真ん中に海老真丈が入っています。ジーマーミーのポタージュは、そのまんまでもまろやかな味で美味しいのですが、海老真丈を一緒に食べると味が整い、一層美味しく頂くことができました♪味はシチューのような…クラムチャウダーのような…そんな感じの優しい味です。

季節の野菜サラダ~ドラゴンフルーツドレッシング~

季節の野菜サラダ~ドラゴンフルーツドレッシング

野菜は、クレソン・ワサビ菜・ハンダマなどを使用しており、2種類のドレッシングが添えられています。1つは、さとうきびのドレッシングが野菜にかかっており、2つ目はドラゴンフルーツのドレッシングで、見た目を綺麗に彩っています。こちらは、クセの強い野菜をふんだんに使用している為、好き嫌いがハッキリと分かれるかと思います。ドレッシングも、それほど強い味ではないので、モロに葉っぱを食べている感じです。。

沖縄県産黒毛和牛 ヒレ肉のステーキ久米島石焼き

沖縄県産黒毛和牛 ヒレ肉のステーキ久米島石焼き

百名伽藍では、石垣牛を取り扱っているそうです。焼き加減は丁度いい、ミディアムレアで出てきます。完全に焼いたものが好みであれば、お皿自体が熱された石皿になっているので、石皿で少し焼いてから頂きましょう♪お肉を食べるタレは、ポン酢などはなく、3種類の塩で頂きます。

3種類の塩

左から、たんかん塩・紅塩・海藻アオサ塩、わさび、シークヮーサー胡椒となっています。特に美味しかったのが海藻アオサ塩!!塩だけ舐めてみると、口の中いっぱいに磯の香りが広がります!!お肉の横に添えられているのが、コショウと似た香りをもったピパーツ。宮古島で栽培されているものです。石垣牛の他に島人参・うりずん豆・宮古島産あわび茸が添えられています。石垣牛を食べた感想は・・・・肉肉しい!!ガッツリステーキといった味です。もとぶ牛はお肉の脂自体に味があり、何もつけなくても美味しい!といった感じでしたが、石垣牛は何かつけて食べないと旨味が半減するといった感じでした。

シャコ貝、コマ貝、もずくの酢味噌和え~海ぶどう添え~

シャコ貝、コマ貝、もずくの酢味噌和え~海ぶどう添え~

シャコ貝・コマ貝・モズクをゼリーで固めたものを酢味噌であえたものです。海ぶどうも添えられており、様々な食感が楽しめるよう工夫されています。コリコリ・プリプリ・プチプチ、本当に楽しめました♪

中味汁、県産パパイヤの味噌漬け、沖縄県産 赤米

中味汁、県産パパイヤの味噌漬け、沖縄県産 赤米

中身汁は、食べた事ある方なら分かるかと思いますが、定番の味です。ガッツリかつお出汁に、豚の内臓(中身)とコンニャクが具材として入っています。沖縄のお正月は、お雑煮ではなく中味汁を食べますし、様々な行事ごとでお目見えする汁物です。豚の中身は、臭みもなく、柔らかくてとても美味しいですよ♪パパイヤの味噌漬けは、甘くて歯ごたえが良く、とても美味しかったです♪味噌という感じは一切なかったですが。赤米は、黒米に似た感じのご飯です。

デザート6種、紅茶or珈琲

デザート6種、紅茶or珈琲

デザートは6種類×2人分を持ってきてくれ、「好きなものを選んでください」と言われました。もちろん、全部頂いても構わないとのことでしたが、ここまできて満腹ゲージは既に9.5まで上がっています。6種類を1つずつ頂き、二人でシェアしました。

  • クリームブリュレ・・・定番の味です。焦がした砂糖が香ばしくて、とても美味しいです♪
  • 紅芋のマカロン(中に紅芋の餡)・・・5センチくらいの可愛いマカロンです。中の紅いも餡が美味しいです♪
  • パイン・・・糖度が高く、アイスを食べた後でも甘く感じるほどの甘さでした。
  • ドラゴンフルーツのシャーベット・・・色がとても綺麗です♪ドラゴンフルーツ自体、甘みもあまりなく、味に主張もないので・・・冷たい何かを食べているといった感覚しかありませんでした。無味に近い。
  • ポーポーのアイス包み・・・ポーポーとは沖縄風のクレープのことです。ポーポーが黒糖の風味で、バニラアイスとの相性がとても良かったです♪
  • フルーツゼリー~ゴーヤーのジュレ添え~・・・フルーツのゼリーの中に、ほんのりゴーヤーの苦味が感じられます。上にのっている薄切りスライスのゴーヤーは、シロップ漬けされているようで、甘くて美味しかったです。
ジェシカ

食事会場には、ミッチェル&ジェシカを含めて3組いました。そのうちの2組の、観光客のお客様が食事が進むにつれ、お酒を飲んでいるのか、どんどん声が大きくなっていき、居酒屋並みの声のボリューム・笑い声(手をたたいて大爆笑レベル)になっていました。ホテルのスタッフさんの独自の判断で、声のボリュームを下げるよう注意を促しにいっていました。スタッフの方は、全てのお客さんの事を考えて、色々と行動してくれる事に感動しました。私達がクレームを入れたと勘違いされていない事を願います・・・・。(小心者。。)


基本情報

営業時間
ランチ11:30 – 14:30 / ディナー18:00 – 22:00
定休日
無休
TEL
098-949-1011
住所
〒904-0603 沖縄県南城市玉城百名山下原1299-1
公式ホームページ
http://www.hyakunagaran.com/charm7.php
クレジットカードの利用
各種クレジットカード利用可:
駐車場
無料専用駐車場有り
Wi-Fi
利用不可
海の見え具合
評価5

那覇空港から百名伽藍(甘露)までのルート

現在地から百名伽藍(甘露)までルート案内を表示するにはGPS機能を有効にして下さい。

那覇空港から車で行く場合

那覇空港から百名伽藍(甘露)まで23km、車で約42分。到着までの時間は混雑状況によってかわります。下のルートは高速道路(無料区間)を使用しています。

近くのホテルや飲食店

各目的地までの距離は車両進入禁止や一方通行などを考慮した車での距離が表示されています。その為、車よりも徒歩のほうが目的地までの時間や距離が短くなる事があります。また、現地の交通事情や災害などによってご提案のルート通りに行く事が不可能な事も御座います。

近く(5.0km圏内)にあるホテル

ユインチホテル南城
百名伽藍(甘露)からユインチホテル南城までの距離約5.6km

近く(5km圏内)にある飲食店

カフェ浜辺の茶屋
百名伽藍(甘露)から浜辺の茶屋までの距離約140m
カフェ山の茶屋
百名伽藍(甘露)から山の茶屋までの距離約300m
カフェ ビーンズ
百名伽藍(甘露)からカフェ ビーンズまでの距離約1.3km
カフェCafeやぶさちCafeやぶさちのレビュー
百名伽藍(甘露)からCafeやぶさちまでの距離約1.6km
カフェケイブカフェケイブカフェのレビュー
百名伽藍(甘露)からケイブカフェまでの距離約7km

最寄駅・最寄のバス停

最寄駅
付近に駅はありません。

沖縄都市モノレール路線を表示

最寄のバス停
最寄のバス停2件をご案内致します。玉城(那覇向け)、百名伽藍(甘露)まで約1.4km、歩いて約20分 / 玉城(百名・志喜屋向け)、百名伽藍(甘露)まで約4.5km、歩いて約21分

最寄のバス停を表示

バス検索システムを表示