沖縄の県魚・グルクンはどうやって食べるのがおいしい!?

沖縄県は海に囲まれたところですが、実は日本でいちばん魚を食べないところと言われています。北の北海道などでは寒いので魚にしっかりと脂がのっていますが、沖縄ではあたたかいので魚も淡白なものが多いから・・・ということがひとつの理由。でも、沖縄にもおいしい魚はいるんですよ!

目次 ページガイド

カラフルで名前が面白い!沖縄近海で取れる魚たち

沖縄の魚

沖縄県でとれる魚というのは、とってもカラフル。

観光客が街中を歩いて買い物をしていると、これ熱帯魚?食べられるの?というくらい色鮮やかな魚たちに驚くほど!主に、沖縄県でよく食べられている魚は以下の通りです。

アカジンミーバイ
沖縄での高級魚。和名はスジアラといい、真っ赤な見た目が特徴でどんな調理法でもおいしくいただけます!
タマン
黄色っぽい見た目のハマフエフキという魚で、よく汁物にされます。
イラブチャー
ブダイの仲間なのですが、真っ青な色にオレンジ色の模様が入っている見た目のインパクトは特級。刺身でよく食べられます。
オジサン
カタカシという名前で、口の下にヒゲのようなものが生えている魚です。煮つけにするととってもおいしい!

そして、沖縄県の県魚にもなっている「グルクン」という魚がいます。

このグルクンはスーパーにもごく普通に並んでいて、居酒屋などのお店のメニューにも登場する魚。何にしてもおいしく、沖縄県人に愛されている魚となっています。

では、そんなグルクンはどうやって食べるのが特においしいのでしょうか?

県魚!グルクンおすすめの調理法とは?

グルクンのから揚げ

グルクンは家庭やお店によって様々な調理法で調理されていますが、「グルクンと言えばコレ!」といった定番メニューがあるんです。沖縄では主にどのような調理法で食べられているのか見ていきましょう。

グルクンのから揚げ

グルクンの人気調理法といえば、やっぱりから揚げ。

刺身でもよく食べられますが、もともと小さな魚なのであまり刺身にするには量がとれないこと、傷みが早いことから丸ごと食べられるから揚げにされることが多いんです。

はらわたとウロコを取ったら、塩をふって、小麦粉をまぶして揚げるだけ。骨までバリバリと丸ごと食べられる、おいしい一品の完成です!

魚にはかぼすなどを合わせることが多いと思いますが、沖縄のグルクンにはやっぱりシークヮーサーがピッタリ。から揚げの塩気とシークヮーサーの酸味が絶妙なバランスで、子どもはもちろんビールのおつまみにも相性バツグンとなっています!

丸ごと一匹を揚げるので、使うグルクンは小さめのものがオススメです。スーパーでも1年中手に入る魚なので、まずは試してみてくださいね。

グルクンの刺身

先ほども述べましたが、グルクンは傷むのが早い魚。なので刺身にするには釣ってきてそのままさばいて食べるか、新鮮なグルクンを置いてある居酒屋などで食べるのが一般的です。

グルクンを刺身にすると、見た目は赤身と白身の中間のよう。から揚げや他の調理法はもちろんですが、新鮮なグルクンなら刺身にしてもクセがなくとてもおいしいんです。

マグロのような味わい・食感だということで、グルクンの刺身が食べられるお店は観光客からも人気となっています。

グルクンの煮つけ

グルクンは煮つけにしてもおいしい!

エラとハラワタを取ったグルクンは、表に切り目をいれておきます。水・酒・砂糖・しょうゆを煮立ててから生姜の薄切りとグルクンを入れ、ときどき煮汁をかけながら15分程度煮ていきます。生姜と一緒に煮ているので臭みもなく、香りも良し。

ごはんがすすむ一品になるのはもちろん、泡盛のおともとしても!

グルクンは塩焼きで食べない!その理由とは…

ダメ!

実は、沖縄県ではあまり魚の塩焼きが食べられません。

もちろん居酒屋の定番メニューであるホッケや鮭の塩焼きなどは食べますが、沖縄で捕れるグルクンなどを塩焼きにするということは少ないんです。

グルクンを塩焼きにしてもおいしいのですが、小骨が多いのでとても食べにくいのです。また、定番のから揚げは頭や骨も丸ごと食べることができますが、塩焼きにするとそうもいきません。

身は塩焼きにするとふっくらとしていておいしいのですが、食べるときの手間などを考えるとから揚げなどの調理法がオススメです。

グルクンの応用レシピをご紹介

指さし

グルクンと言えば、いつも から揚げばかりで・・・たまには違った味付けで食べてみたい!という方が中にはいらっしゃるかもしれません。いつもとは違ったグルクンの調理法をご紹介したいと思います。

グルクンの野菜あんかけ

グルクンのから揚げを作ったら、その上に野菜をたっぷり使った甘酢あんをかけて。野菜と魚が一緒に食べられますし、ごはんも進みます!

グルクンの南蛮漬け

グルクンのから揚げを、酢、酒、砂糖、薄口しょうゆなどで作った甘酢だれに漬けこみます。

アクセントにシークヮーサーのしぼり汁を入れても香り豊かで、よりさっぱりといただくことができます!しばらくたれをしみ込ませたら、玉ねぎスライスなどお好みの野菜を乗せて完成。

グルクンのカルパッチョ

新鮮な刺身にして食べるなら、ちょっとおしゃれにカルパッチョにしてみては?

グルクンの刺身とサラダ野菜を一緒に盛り合わせて、オリーブオイルや好みのドレッシングをかけていただきます。新鮮な生のグルクンと野菜をたくさん食べられる、ヘルシーな一品です!

沖縄のお魚も美味しい!ぜひ濃い味で食べてみて!

料理

リーズナブルなグルクンは、このようにどんな調理法でもおいしくいただくことができる万能な魚。沖縄県人にはなくてはならない魚で、今日も沖縄県の家庭でおいしく調理されています。

グルクンに限らず、沖縄で捕れる魚の調理のポイントとしては、やはり淡白なものが多いので味付けは濃い方がおいしいということ。もちろん、中には脂が乗っているというものもありますが、基本的には塩焼きや刺身よりも、煮つけやから揚げ、バター焼きなど味付けがしっかりしている方がオススメ!

特にグルクンは季節問わずすぐ手に入るので、ぜひ試してみてくださいね!