沖縄から安くで ディズニーリゾートへ遊びに行こう!

子どもをディズニーリゾートへ連れて行ってあげたいとは思うけど・・・旅行会社のパンフレットを見ると、どれも高額で悩んでしまっている方。個人手配だと、安い時期に合わせていけば格安ツアーなどと同じくらいの価格で行けちゃいますよ♪沖縄からディズニーへ行く際に、安く済ませるコツをお話ししていきたいと思います。

子どもを連れて東京ディズニーリゾートへ遊びに行こう!

シンデレラ城

旅行会社のセールでオフシーズンの時期にディズニーランドの格安ツアーなどが紹介されます。

ですが、やはり人気の商品なので夫婦で話し合って「子どもを連れてディズニーへ行こう!」と決めて、店舗を訪れた時には既に席数が足りなかった・・・なんて事もあるかとおもいます。

せっかく「行こう!」と決めたのであれば、ツアーでなく個人手配でディズニー旅行へ行ってみませんか?意外に子連れでも簡単に行けちゃうのでご紹介していきたいと思います。

目次 ページガイド

小さいお子さんがいる場合は、ディズニーリゾートのみ観光する!

家族

小さなお子さんがいる場合は、東京ディズニーリゾートが目的なら「そこ(ディズニー周辺)へしか行かない!」と決めてしまいましょう。

その方が、空港とディズニーリゾートの往復だけで済むで、リムジンバスにさえ乗ってしまえば、ディズニーリゾートまで連れて行ってくれます。電車を乗り継ぐ必要などは一切ありません。小さなお子さんを連れての電車の乗車や乗り継ぎは、ママ達はとても気を使いますよね?なので、リムジンバス一本で往復できるのはとても便利かと思います。

また格安ツアーの場合、宿泊するホテルがディズニーエリアから離れていたり、空港からディズニーリゾートまでは、結局自分たちで行かなければいけなかったり(交通費別途)と・・・結局不便なことやプラスになる料金が多くあるのも事実です。

個人で旅行を組み立てると、自分たちにあったホテルを探すことが出来るのもメリットです。

大人としては、「せっかく東京へ行くのであればスカイツリーにのぼったり、渋谷や原宿、六本木などを歩きたい!」なんて考えてしまいますが、子どもが小さいうちは「移動のしやすさ」「乗り換えの少なさ」などを優先するようにしましょう。

「空港⇔ディズニーリゾートの往復しかしない!」と決めたら、概算見積を出してみましょう。

概算

沖縄からディズニーリゾートへ行く場合は、最低でも上の料金が発生します。これには飲食代やお土産代などは含まれていません。

各家庭によって予算が異なると思いますので、最低でも必要な金額のお話しだけをしたいと思います。

個人手配でやらなければいけない事

パソコン

沖縄から個人手配でディズニーリゾートへ行く場合は、以下の事を予約・確認しておく必要があります。

チェック項目

個人手配でやるべきことリスト

  1. 航空チケットが安くおさえられる日を確認
  2. 航空チケットが安い日で、行くメンバーの予定を確認
  3. 日付が決まれば安いホテルに空きがあるか確認
  4. 空きがあれば、ホテル・飛行機を予約
  5. ディズニーリゾートのチケットをオンラインで購入しておく
  6. 空港とディズニーリゾート間の往復代を計算しておく

ディズニーリゾートにあるホテルと言えば、とても高いイメージがありますが・・・実は安いプランで予約が出来れば、大人1人3000円で宿泊できるところもあるんです。ですが、安いプランは早いうちに埋まってしまうため、1人3000円程度で宿泊できたはずのお部屋が1名10,000円以上に膨れ上がることがあります。

なので、行く日が決まったらまずはホテルから押さえてしまいましょう!

ジェシカ

もし、3000円のプランに空きがなくても、4~5千円プランは意外にすんなり予約ができたりするので、諦めずに探してみてくださいね♪

キャンセル料はホテルにもよりますが、だいたい早いところで10日前からキャンセル料が発生します。

予定を調整してみて・・・「やっぱり日付が合わなかった」「ホテルの予約を入れた日に航空券が押さえられなかった」という場合には、キャンセルだと分かった早い段階でお断りしましょう。

名前

飛行機のチケット代と同じくらい大きな金額が動くホテル代。1泊4000円と1万円では大きな差が出てきてしまうので、だいたいの日付が決まったらホテルはすぐに押さえておきましょう。その際に、必ずキャンセル料の項目を確認しておきましょう!

格安航空会社をうまく利用してチケットを安くGET!

指さし

最近では、格安航空会社が増え旅行へ出かけやすくなりました。那覇空港から東京の成田・羽田へ行ける格安航空会社は・・・

  • ジェットスター(成田空港発着)
  • バニラエア(成田空港発着)
  • ピーチ(成田空港発着)
  • スカイマーク(羽田空港発着)

などがあります。通常でも7000~8000円と手ごろなのですがバーゲンの時期だと、片道3000円・・・もっと安い時だと1500円なんていう航空会社も出てきます。そんな時に、格安航空会社を利用しない手はありません!

格安航空会社がバーゲンを開催することが分かったら、家族間でディズニーリゾートへ行く日程を決めて、安いうちにホテルを押さえて、バーゲンの日を待ちましょう!

安くてディズニーリゾートに近いホテルを押さえよう!

パソコン

沖縄の方は、子どもと両親だけでなく、おじいちゃん・おばあちゃなども一緒にディズニーランドへ行かれる方も多いですよね!なので、2~6名まで宿泊できる格安のホテルをご紹介したいと思います。以下のホテルが特にオススメです!

サンルートプラザ東京

こちらは、安いプランを予約できれば一人3000円ほどで宿泊することが出来ます。最大2~4名まで利用することが出来ます。

「ディズニーリゾートに近いのに3000円なんて、どんなホテルなの・・・?」と思うかもしれませんが、こちらのホテルは安いのに子供心をくすぐるような仕掛けがいっぱいあるんです。それに、ディズニーリゾートオフィシャルホテルなんです。

例えば、客室ですが「プリンセス風のお部屋」「絵本の世界をイメージしたお部屋」「大型客船をイメージしたお部屋」「冒険家気分を味わえるお部屋」「季節ごとにインテリアが変わるお部屋」などがあります。

そして、なんといっても・・・3000円台から利用できるにも関わらず・・・オフィシャルホテルの中では一番東京ディズニーランドに近いホテルなんですよ♪売店やディズニーストア、キッズコーナーもある安くて便利なホテルです!

東京ベイ舞浜ホテル

こちらも安い時だと3000円から利用することができます。こちらは最大定員3~6名まで利用することができるホテルです。こちらもサンルートプラザ東京と同じく、ディズニーリゾートのオフィシャルホテルなんです。

ホテルに入ると、ホテルの真ん中が吹き抜けになっており、開放感がありとても綺麗なホテルです。「パークビュー」タイプのお部屋を選択するとディズニーランドを一望できるお部屋に泊まる事も出来ます。こちらもディズニーストアと売店が入っています。

ジェシカ

一度宿泊しましたが、ホテルが綺麗であるのはもちろんのこと・・・ホテルの窓からはディズニーランドの夜景が見られるという事に感動しました。沖縄では絶対に見る事の出来ない景色の一つです。

ホテルドリームゲート舞浜

ホテルドリームゲート舞浜は、一人当たり5,600円から利用することができます。ホテルドリームゲート舞浜は2~4名部屋があります。

また、立地もとても良く、ディズニーランドのある舞浜駅の真横にあり・・・ホテルの目の前には、ディズニーリゾートへ移動するモノレール「リゾートゲートウェイ・ステーション駅」やイクスピアリがあるので、とても便利なんです。

ホテルにはコンビニやサイゼリヤが入っており、ホテルの朝食はサイゼリヤでのブッフェなんです。小さなお子さんがいるご家庭だと、ホテル内にコンビニがあるのは、とても助かりますよ♪

ジェシカ

東京ディズニーリゾートやディズニーリゾートの外にあるイクスピアリで観光するだけでも十分楽しめますよ!パンケーキが有名なカフェ・カイラや、クリスピー・クリーム・ドーナツなどの店舗も入っていますよ♪

オリエンタルホテル東京ベイ

ディズニーリゾートパートナーホテルである「オリエンタルホテル東京ベイ」。安い時だと2600円から利用することができます。

こちらのホテルは、上で紹介したホテルとは違い・・・ディズニーリゾートの敷地外にあります。ディズニーリゾートまで一駅なのですが、ディズニーリゾートまで連れて行ってくれる無料送迎バスが1日最大69便も運行しています。そのバスに乗れば、15分ほどでディズニーリゾートへ到着します。

ホテル内には24時間営業のローソンがあり、とても便利!最大6人部屋まで完備しています!

ディズニーリゾートのチケットをオンラインで購入!

ディズニーチケット

ディズニーリゾートのチケットは、当日チケット売り場へ行って購入することもできます。ですが、オンラインで購入する事に少しだけメリットがあるんです。例えば・・・

  • パークに入場規制がかかっても入れる
  • チケット購入の列に並ぶ手間が省ける
  • チケットが届くと家族の気分が盛り上がる etc…

ディズニーランドやディズニーシーは、お客さんがあまりにも多く来場した場合、入場規制をかけることがあります。

せっかく沖縄から家族で出向いて、入場規制がかかってしまい門の前でUターン・・・なんて辛すぎますよね。なので、入場できることが確約されているチケットを購入しておくことが大切です。

ディズニーリゾートのチケット料金

大人中学・高校生幼児・小学生
1デーパスポート7,400円6,400円4,800円
2デーパスポート13,200円11,600円8,600円

ディズニーリゾートは、3歳以下の入場は無料となっています。

1DAYのみ、65才以上はシニア料金(¥6,700)でチケットの購入が可能です。ですが、2DAYの場合は大人料金と同じになります。

オンラインで購入できるチケットは二種類

オンラインで購入する際、チケットは「eチケット」「配送チケット」の2種類あります。

eチケット
チケットを予約・支払いを済ませたら・・・自宅にあるプリンターでチケットを印刷するタイプの入場チケットです。
配送チケット
送料390円がかかりますが、ディズニーキャラクターの絵が描かれた可愛い入場券が自宅に最短で2日程度で届きます。

どちらのチケットを選ぶかは、下の注意点を確認してから選ぶようにしましょう!

注意

オンラインで購入する場合に、いくつか注意点があります。

  • 来場日を指定し、入園するパークを申告する必要がある
  • eチケットのみ、日付や入園パークを変更できる
  • 配送チケットは、日付や入園パークを変更できない
  • 購入したチケットは払い戻しできない
  • どちらのパークに入場するのか、前もって決めている必要がある

ディズニーリゾートを訪れる際は、1DAYパスポートまたは2DAYパスポートを購入するかと思います。ディズニーのチケットは、1DAYパスポート1枚で、ランドとシーを行ったり来たり・・・なんて事はできません。

なので、1DAYを購入するのであれば・・・ディズニーランドとディズニーシーのどちらに入場するのか事前に申告する必要があり、2DAYパスの場合は、1日目にどこへ入場するのか、2日目にどこに入場するのか申告する必要があります。

配送チケットの場合、入場日と入場するパークが記載されたチケットが届くため・・・後日「やっぱり日付を変更したい」「ランドとシーの日を逆にしたい」なんてことになっても、変更が効きません。

配送チケット

その点、eチケットの場合は日付・入園パークの変更が可能になったので、小さいお子さんがいらっしゃる方は、こちらのタイプを購入しておくと安心です。

eチケットの変更に関しては公式ホームページで詳しく記載がありますので、一度しっかりと確認してみてください!

空港からディズニーまでの往復バスの料金を確認しておく

バス

格安航空会社を利用する場合、ほとんどが那覇空港⇔成田空港の往復となります。

成田空港から東京ディズニーリゾートまでは約90分で、片道 大人¥2,450 子ども¥1,230となります。逆区間(ディズニーリゾートから空港まで)も同じ金額となりますので、大人だと往復で4,900円、子供は2,460円かかると計算しておきましょう。

ちなみに、羽田空港からだと所要時間が25~60分ほどで、料金は大人¥830 子ども¥420となります。

リムジンバスの時間帯割引

平成26年4月1日から時間帯割引を開始しており、成田空港発の「11:00発・11:30発・12:00発・12:30発・13:00発・13:30発」便のみ、大人1,600円 子ども800円で乗車することができます。

ミッチェル

結構お得なので、この時間にバスに乗れる飛行機の便を選ぶといいかもしれませんね♪

リムジンバスチケットの購入方法

チケット

沖縄からのフライトを終え、成田空港に到着したら・・・到着ロビーと同じ階にバスチケット売り場があります。そこでディズニーリゾートへ向かうチケットを購入します。

ディズニーリゾートへ向かう際は、チケット売り場があるのでスムーズにチケットを購入することが出来ますが、逆にディズニーリゾートから成田空港へ向かう際は購入方法が異なります。

  • ディズニーアンバサダーホテル
  • 東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ
  • シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
  • ホテルオークラ東京ベイ
  • ヒルトン東京ベイ
  • サンルートプラザ東京
  • 東京ベイ舞浜ホテル
  • 東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート
  • 東京ディズニーランドホテル

上記のホテルに宿泊の方は、リムジンバス乗車チケットをホテルのゲストサービスカウンターやベルデスクで購入することが出来ます。また、インターネットでの予約も受け付けています。ですが、それ以外のホテルに宿泊されている方は、ホテルでチケットを購入する事が出来ません。(バス停留所付近にチケット売り場はありません。)その為、戸惑ってしまう方が多くいらっしゃるようです。

この場合は、そのままリムジンバスに乗ってしまって構いません。支払いは、成田空港第2ターミナルの停留所で行えます。

ジェシカ

成田空港第2ターミナルのバス停留所で、停留中にチケット販売の方が席まで回ってきますので、そこでお支払いをしましょう!

ディズニーランド停留所を利用する際の注意点

注意

ディズニーランド停留所から乗る際の注意点としては、乗車時間に注意するという事!

ディズニーランド停留所は、上記に記載されたホテル(東京ディズニーランドホテル以外)の停留所全てを回って、最後に回ってきます。

その為、ディズニーランド停留所から乗る場合は、席が空いている分の人数しか乗車する事ができません。ランド停留所とシー停留所から乗車する場合は、席の予約なども行っていないので、停留所で順番に並んで待つしかありません。

混雑具合によっては乗る事が出来ない可能性もある・・・という事を頭に入れておきましょう。大勢での旅行の場合は、混雑する時期は同じバスに乗る事が出来ない事もあるそうです。

ディズニーリゾートから成田空港へ向かうリムジンバスは、約50分に1本程度しか運航していないので、時間に余裕をもってバスに乗るようにしましょう! (10時・13時・14時台は1時間に2本運行しています)

ミッチェル

混みあう時期に行かれる場合や、小さなお子さんがいて絶対にバスに乗りたい!という方は、上のホテルに宿泊するようにしましょう。「東京ベイ舞浜ホテル」「サンルートプラザ東京」は上の項目で、安く宿泊出来るホテルとして紹介しています。参考にしてみてくださいね!

宿泊代と飛行機代をいかに安く抑えられるかが勝負!

ディズニーシー

沖縄からディズニーリゾートへ行って帰ってくるまでの金額を考えた時に、行くまでに料金がハッキリと確定するのは以下のものです。

  • 往復の飛行機代
  • 宿泊代
  • 空港⇔ディズニー区間の往復代
  • ディズニーリゾートの入場チケット代

ディズニーリゾートの入場チケットや、空港からディズニーリゾートまでの往復代は、安くなったりすることもないので・・・ほとんど確定しているようなものです。

となると・・・飛行機代と宿泊代を、いかに安く予約する事が出来るかで、旅行の費用が大きく異なってくるという事です。

組み合わせ次第では、ディズニーリゾート敷地内に泊まれて、格安ツアーと同じくらいの金額・・・または、それよりも安くおさえられる事も♪

昔に比べると飛行機のチケットを安くおさえられる時代になりました。家族で旅行へ行くとなると、財布が一つなので・・・それだけ出費は大きなものになってしまい、足踏みしてしまいがちですが…家族旅行は何にも代えられない程の思い出や家族としての絆が生まれます。

ミッチェル&ジェシカ

飛行機のバーゲンや、格安航空チケットを利用して、家族でたくさんの思い出を作りましょう♪


シンデレラ城