県民が大好きなシーチキン!Lフレークやマイルドの違いって知ってる?

沖縄で欠かせないストック食材「シーチキン」は、子供から大人まで大好きな食材です。沖縄県内では箱買いする人も少なくないシーチキンですが、シーチキンには違いがあることをご存じでしょうか?シーチキン大好き県民・沖縄だからこそ知っておきたい、シーチキンの秘密と種類の違いをご紹介しましょう。

目次 ページガイド

シーチキンは商品名!!

シーチキン

沖縄県民が一緒くたに「シーチキン」と呼んでいる缶詰食品は、単なる商品名です。

食品の分類に「シーチキン」という枠はありませんし、沖縄県民がよく使う「シーチキン」は、正しくは「ツナ缶」です。

沖縄県民がお中元・お歳暮のシーズンに箱買いするほど大好きな「シーチキン」は、静岡県駿河区に本社を構える「はごろもフーズ株式会社」が製造・販売しているツナ缶です。

「シーチキン」の名前がつくはごろもフーズの缶詰商品は多数あり、一般家庭でよく使われる商品だけでもシーチキンファンシー、シーチキンフレーク、シーチキンLフレーク、シーチキンマイルドなどがあります。

なお、高級シーチキンのシーチキンとろ・天然水で作ったシーチキン純なども、値は張りますが人気商品となっています。

シーチキンの種類は料理法によって分類される

ツナ缶

はごろもフーズのツナ缶「シーチキン」だけでも、調理法によってさまざまな種類があります。

そこで、沖縄県民に身近なシーチキンを例に、ツナ缶の調理法の違いを解説していきましょう。

油漬け

沖縄の家庭料理によく使われるシーチキンは、油漬けと呼ばれる調理法で作られたツナ缶が多いです。

調理名から見てもわかるように、野菜エキスを加えたオイル(主に大豆油と綿実油)に漬けて缶詰加工します。

オイルで魚の表面をコーティングするため、身のパサつきがなくジューシーです。

そのため、ニンジンシリシリのような炒め物料理に使われますが「ハイカロリーな食材」という点がデメリットに挙げられます。

油入り水煮

油漬けよりもカロリーを抑えて作られたものが、油入り水煮です。

野菜エキスに加えるオイルが全体の半分以下の場合、油入り水煮に分類されます。

オイルを含んだ漬け液のカロリーが抑えられるのでヘルシーなイメージがありますが、ノンオイルではありませんし、意外と高カロリーです。

漬け液をカットしてから調理するなどの工夫をしないと、カロリーを抑えることは難しいでしょう。

水煮

漬け液にオイルを使っていないのが水煮タイプの特徴です。

商品によって漬け液に違いがありますが、基本的に野菜スープや水だけの漬け液を使用しているのが大きな特徴です。

カロリーは大幅にカットできますが、オイルでコーティングされていない分、身がパサついた感じがします。

特に、ツナ缶のジューシーな旨味が好みの方には、物足りなく感じることでしょう。


実は…原材料にも違いがある!!

指さし

「シーチキン」は種類によって原材料に違いがあるのはご存じでしょうか?

「ツナ缶」と呼ばれるシーチキンですから、原材料である魚は「ツナ」を使います。

そのため「ツナ=マグロ」と連想し、「シーチキンの原材料はマグロ」と回答する人が多いのですが、これは正しい解釈ではありません。ツナはマグロのことを表しますが、マグロのほかにもツナに分類される魚がいます。

そもそも「ツナ」とはサバ科マグロ属に分類される魚の総称なので、マグロ以外の魚もサバ科の魚であればツナです。

アン

スーパーの特売などで安く買えるシーチキンは、主にキハダマグロ、メバチマグロ、カツオを原料にしているんですよ!

高級なシーチキンの原材料は?

ホワイトミートと普通のツナの色の違い

1缶数百円する高級シーチキンの原材料は、ビンナガマグロです。

「ホワイトツナ」「ホワイトミート」と表示されているものがビンナガマグロのシーチキンで、他の原材料で作られたツナよりも身の色が白いのも特徴の1つに挙げられます。

Lフレークやファンシー、マイルドの意味(違い)とは?

疑問が浮かぶ

自炊するようになり、スーパーでシーチキンを購入しようとした際、種類が多いうえに違いが全く分からなくて、何を買ったらいいのか分からず混乱したものです。

きっと、筆者と同じように違いがよく分からず・・・、とりあえず安い「Lフレーク」や「マイルド」を選んで買ってるという方も多いのでは?

ぜひ、違いを知ったうえで食べ比べをしてみて、自分好みのシーチキンを見つけてみてください!

ファンシー

シーチキンファンシー

ファンシーの原材料は「びんながまぐろ」です。

中身がフレーク状ではなくブロック状(ほぐさず大きいままの形状)のものは、ツナ缶界では「ファンシー」と名付けられているそうです。

はごろもフーズの場合、ファンシーシリーズは【ブロック状かつ、「びんながまぐろ」から出来ている商品を「ファンシー」と呼んでいる】のだそうです

Lフレーク

シーチキンLフレーク

シーチキンLフレークの原材料は「きはだまぐろ」です。

「Lフレーク」の“L”は、Light(ライト)の頭文字なのだそうです。

何がLight(ライト)なのかというと、ファンシーの原材料でもある「びんながまぐろ」よりも低カロリーな「きはだまぐろ」を使っている事から、見分けがつきやすいよう「L」を付けたのだそうです。

アン

ちなみに、Lフレークの“フレーク”は、「細かくほぐしたフレーク形状の身が入った商品」であるという意味です。

マイルド

シーチキンマイルド

シーチキンマイルドの原材料は「かつお」です。

マイルドも、Lフレークと同様に、「びんながまぐろ」よりも低カロリーである事から「マイルド」と名付けられました。

「Lフレーク」と理由は同じなのに名前が違う訳は・・・原材料が異なるから!!

どちらも“L”と名付けてしまうと、消費者が同じ商品だと勘違いしてしまうので、低カロリーをイメージする「マイルド」という言葉を起用したのだそうです。


【まとめ】シーチキンは原材料と調理法をチェックするのがおすすめ!

ツナ缶

沖縄県民にとって欠かせない食材・シーチキンですが、原材料と調理法によって味や旨味、カロリーが異なります。

毎日でも食べたいシーチキンだからこそ、値段ではなく、原材料や調理法の違いに注目して選ぶのがおすすめです。

アン

お歳暮やお中元の定番商品ともいえるシーチキン。通常のシーチキンではなく、せっかくなら高級シリーズのシーチキンを送ると相手方に喜んでもらえるのではないでしょうか。