女性にオススメしたい沖縄土産にピッタリなお洒落なやちむんをご紹介!

沖縄旅行の思い出の品として、自分用にお土産を買って帰りたい方にお勧めしたいのが「やちむん」です。料理や飲み物が一層美味しそうに見える器(やちむん)をご紹介したいと思います。

目次 ページガイド

沖縄の伝統工芸品の一つ「やちむん」の魅力

陶芸

沖縄には、

  • 染織物
  • 焼物
  • 漆器
  • 琉球ガラス
  • 三線

といった伝統工芸品があります。

中でも琉球ガラスは、手作り体験などの思い出作りも兼ねて、自分用のお土産にする方も多いかと多いと思います。

琉球ガラスも素敵でお土産に“もってこい”なのですが・・・今回ご紹介したのは「やちむん(焼物)」です!

やちむん

一昔前までは、伝統的な絵柄しか見る事が無かった【やちむん】ですが、現在では若い作家さんが多く活躍されており、そのおかげで若い世代にも「やちむん」の魅力が広く伝わり始めました。

今回は、お土産に持って帰ってもらいたい オシャレで人気のある【やちむん】をご紹介したいと思います。

ジェシカ

やちむんは、一つ一つ手作業で作られている為、同じデザインの作品でもちゃんと見てみると1つ1つに個性があります。

個々の違いを見極めながら、「これだ!」と思える作品を探している時間が最高に楽しいんです!

BONOHO(ボノホ)

造形作家として2000年頃から活動している佐藤尚理(さとう なおみち)さん。

南城市を拠点として活動していていらっしゃる方です。

BONOHOさんの器は、優しい色使いの作品が多く、一つずつ時間をかけて丁寧に作られているのが特徴です。

器を拡大した写真を見ていただくと分かるのですが、作業がとても細かいんです!!!!

洋食だけでなく、和食が合いそうな器も多く、どんな場面でも食卓をお洒落に彩ってくれそうな素敵な作品です。

そんなBONOHOさんの器は、沖縄県内のセレクトショップ

などに納品されている他、不定期でオープンする佐藤 尚理さんのギャラリーでも購入する事が出来ます。

ギャラリー開店日は、公式ホームページのブログでお知らせしているので、訪れる前に必ず確認をお願いします。

ジェシカ

県外のやちむんセレクトショップにも納品されているようなので、ぜひチェックしてみてくださいね!

詳細
  • ギャラリー:〒901-1402 沖縄県南城市 佐敷手登根65
  • 電話:098-947-6441
  • 開店日時:公式サイトでご確認ください
  • 公式HP:http://bonoho.com/

アトリエクッチャネ

オシャレなデザインから個性的で可愛いデザインが多い「アトリエクッチャネ」さん。

2020年4月に那覇市泉崎(国際通りから徒歩8分ほど)にショップをオープンしました。

アトリエクッチャネさんの作品は、沖縄の食材やヤギといったデザインがとても多く、カラフルで可愛いのが特徴です。

特に、ばら撒き土産にオススメなのは「ゴーヤーの箸置き」!!

筆者も10年ほど前に購入して、未だに愛用させていただいているお気に入りの箸置きです。

詳細
  • ギャラリー:〒900-0021 沖縄県那覇市泉崎2-14-11
  • 電話:098-988-3105
  • 営業時間:13:00~19:00
  • 定休日:月曜日
  • 最寄り駅:壺川駅・県庁前駅から徒歩10分程
  • 通販サイト:https://qucchane.base.shop/

ツチノヒ

どんな料理をのせてもオシャレに演出してくれるシンプルな“やちむん”を作っているのは、ご夫婦で工房を営んでいらっしゃる「ツチノヒ」さんです。

沖縄の土や植物を使ってつくられたツチノヒさんの作品は、シンプルなデザインや色味が特徴なので、どんな家・どんな料理にでもピッタリ合います。

ツチノヒ
ケーキ

ツチノヒさんの作品は個人的にかなり重宝しており、洋食だけでなく・・・和食まで写真映えする見た目に演出してくれるところが、かなり気に入っています。

ジェシカ

料理を美味しそうに引き立ててくれる作品が多いので、本当におすすめです!

ツチノヒさんの作品は、県内で開催される「やちむん市」の他、通信販売やイベント(展示販売会)などで購入する事が出来ます。

現在開催中のイベントなどに関しては、公式Instagramなどでお知らせしているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

工房十鶴

コーヒー豆のデザインがとても人気な工房十鶴(じっかく)さんの作品。

工房十鶴さんは、読谷村を拠点にご夫婦で活動されています。

コーヒー豆デザインのお皿やマグカップは、元々人気のある作品でしたが、SNSの普及が進むとともに「写真映えする」という事で県外の方にも人気に!

工房十鶴さんの作品は、工房や読谷村共同販売センター、オシャレなやちむんを取り扱っているお店(壺屋やちむん通り・やちむんの里にあるお店)などで購入する事ができます。

工房(直売店)に関しては、しばらくお休みするそうなので、壺屋やちむん通り(那覇市)・やちむんの里(読谷村)・読谷村共同販売センターなどで探してみてくださいね!


古我知焼(こがちやき)

古我知焼Facebook

引用:Facebook

ヤギのデザインが印象的な古我知焼(こがちやき)さん。

沖縄県北部にある名護市を拠点として活動している工房さんです。

筆者が毎年楽しみにしている「やちむん市」などにも出店しているのですが、旅行で訪れる場合は直接「古我知焼 窯元」を訪れる事をお勧めします。

ヤギ柄

古我知焼さん:ヤギ柄のお皿

ヤギ柄

古我知焼さん:ヤギ柄のマグ

落ち着いた色合いの作品が多く、ワンポイントで描かれたヤギがとてもお洒落な作品です。

沢山の素敵な作品の中から、自分好みの一品をぜひ見つけてみてくださいね!

詳細
  • 住所:沖縄県名護市我部祖河916
  • 電話:0980-52-0727
  • ギャラリーの営業時間:9:00~18:00
  • 定休日:不定休(来店前にご確認ください)
  • Facebook:https://www.facebook.com/kogachiyaki/

【まとめ】おうち時間を楽しく過ごせる器が沢山ある

いちごタルト

いかがでしたか?

【伝統工芸品】という言葉だけ聞くと、【古臭そう】といったイメージを思い浮かべてしまう方も多いかもしれません。

ですが、沖縄の伝統工芸品である【やちむん】は、若い作家さんが増え、伝統的なデザインだけでなく、普段の食卓にも馴染む、おしゃれなデザインの【やちむん】が増えているんです。

今回ご紹介した工房さんの他にも、個人的におすすめしたい大好きな工房さんがいくつもあるので、またご紹介させていただければと思います。

年に一度の大イベント!!読谷やちむん市へ行ってきた!

2018.03.04

ムーンビーチで開催される「おきなわ全島やちむん市」へ行ってきた!

2018.04.06