おもてなしの心で!沖縄を英語で道案内をしよう

沖縄移住を始めて・・・東京に住んでいた時の何倍も外国人に声をかけられる機会が増えました。海外の旅行者が年々増加傾向にある沖縄は、急ピッチで多言語看板などの設置を行っていますが、実際にはまだまだ追いついていない状況なんです。

目次 ページガイド

簡単な英語を覚えて、おもてなしをしよう!

旅行者

沖縄には毎年、国の内外問わず、観光客が多く訪れます。特に、近年はアジアからの観光客が増えたように思います。

せっかく沖縄に来たのであれば、少しでも楽しんでいって欲しいですよね。「来て良かった!また来たい!」と思って欲しいのは、沖縄県民も・・・沖縄をこよなく愛している移住者も同じ気持ちです。

海外から遊びに来てくれた方々をおもてなししてあげたいという気持ちから、英語の復習を始めました。実際に復習した英語で道案内もしてみたので、そのお話をしていきたいと思います。

英語・中国語・韓国語の案内板が増えました

案内

台湾・中国・韓国からの旅行者が年々増加している沖縄県。海外からの旅行者が快適に旅行を楽しむ事が出来るよう、英語・中国語・韓国語で書いてある標識なども増えてきました。けれども、まだまだ十分とは言えないようで・・・よく声をかけられます。

沖縄に住んでからは、東京でお仕事をしていた時よりも、何倍も英語で声をかけられることが増えました。

私がよく聞かれるのは・・・

  • 「トイレはどこですか?」
  • 「国際通りはどこですか?」

といった感じ。たいていに、観光客が日本人に声をかけるのは道案内でしょう。

外国人旅行者

「日本の政治について話してください。」

なんて、聞かれることはまずないので、声をかけられても慌てるは必要はありません。

最近では、スマートフォンの翻訳アプリもあって、母国語で入力すると日本語で表示されるので、見せることで意思を伝えることが出来るようになっています。いざという時の為に、アプリをダウンロードしていてもいいかと思います。。

簡単な英語だけでも覚えておくと便利!

案内

中学、高校、大学と何年も英語を勉強していたのに、全く話せないなんて・・・本当はとてもおかしいですよね。少し前まで日本で行われていた英語の授業は、読み・書きが中心だった為、単語は覚えていても文法が作れないなんて方がとても多いんです。実際に私もその一人です。

最近、国際通り近辺で外国人の方に声をかけられる機会が本当に増えたので・・・今更ながら英語を復習することにしました。私はまず、道案内の英文を丸暗記して、あとは段々と単語増やしたり、違う言い方を覚えて行くことにしました。

アジア圏の観光客の場合は、シンプルな英語で話してくることが多いです。日本人は英語が通じないという事を想定して話しているのでしょうか・・・・少し恥ずかしいですね。

なので、道を聞かれた時もシンプルな回答でいいんです。十分に伝わります。例えば・・・

こっちです。
This way.(ディス ウェイ)
まっすぐ行ってください。
Go straight.(ゴー ストレート)
ついて来てください。(こちらへどうぞ)
Follow me please.(フォローミープリーズ)

道案内がややこしくて、連れて行ってあげる時は「Follow me please.」と言えば伝わります。

「Follow me」は、最近SNSや楽曲などでも使われる単語になってきているので、覚えるのは簡単ですよね♪とても役に立つ単語なので覚えておいた方が良さそうです。

アン

道案内の英語の文例を見ていると、中学校で習ったような英文ばかり!「なんだ~、これでいいんだぁ」って感じで、ちょっと目から鱗の気分です。

実際に国際通りまで道案内してみました

旅行者

国際通りの近くで、中国系のカップルに、日本語交じりの英語で「食事をしたいので、にぎやかなところに行きたい」と話しかけられました。

せっかく英語の復習をしたので・・・これはチャンスだと思い、知っている英語を駆使して会話をしてみました。

アン

How about Kokusai-street?(国際通りはいかがですか?)

There are many restaurants and many souvenir shops.(そこには多くのレストランとお土産屋がありますよ。)

と言ってみたら、とりあえず通じたようで・・・ホッと一安心。その後、「Follow me please.(私についてきてください。)」と伝え、道案内を開始。

国際通りに向かう途中、2人は自撮り棒を使って写真をパシャパシャと撮っていました。そこで

アン

Shall I take your photograph?(写真を撮りましょうか?)

と、言ってあげられたら良かったのですが、そこまでは予習しておらず・・・なんて言ってあげたらいいのか分からず困ってしまいました。

アン

無事に国際通りにあるレストランまでは案内できたのですが、写真を写してあげられなかったことだけが悔やまれます。自分の中で、次までに予習すべきポイントがつかめました。

国際通り近くにある観光案内所の場所を知っておこう!

てんぶす那覇
那覇市観光案内所

英語が分からず、どうしていいのか分からない場合は、道案内のプロにお願いするのが一番ですよね!

国際通りには交番もありますが、留守の時が多いです。なので、あまり道案内としては期待できません。そんな時に便利なのが、国際通りの真ん中のてんぶす那覇の1階にある「那覇観光案内所」です。

ホテルや飲食店、イベントの情報提供してくれたり、「那覇市街角ガイド」がボランティアで案内もおこなってくれるそうです。

日本語はもちろん、英語・中国語・韓国語に対応していて、各言語のパンフレットもありますし、1個500円と有料ですが手荷物も預かってくれます。

ちょっと奥まっていて・・・とてもわかりにくい!そのうえ、アピール不足で認知度が低いんです。もっと「那覇市観光案内所」の存在をアピール出来たら、国内外の旅行者はより一層快適に旅行を楽しむ事が出来ると思います。

国際通りではイベントもよくあるので、イベントを案内したチラシを配るともっといいのではないでしょうか。

アン

個人的には、英語を勉強している学生さんを通訳ボランティアとしてお願いしたらいいのに・・・と思いました。国際通りの路上で、困っている方を見かけたら、こちらから声掛けるようにすれば、ボランティアさんの英語の勉強にもなるし、案内所を利用する旅行者さんも増えると考えています。

那覇市観光案内所は改善の余地あり・・・

「那覇市観光案内所」には、両替機もないようですし、もっと利用しやすいよう改善が必要な気がします。併設されている休憩所やお土産コーナーも、あんまり使われていないようでなんだか、もったいない気がしました。

アン

国内外の旅行者が、案内所に求めていることを徹底的に調査して、より利用しやすい場所(痒い所に手が届くようなサービス)にしていく事で旅行者達の口コミでも広がっていくのではないかと思います。

改善していく事で沖縄はもっと観光客に愛される場所になる!

家族旅行

毎年増加傾向にある海外からの旅行者。その中には、リピーターさんも多くいらっしゃるそうです。また来てくれたという事は、「沖縄を気に入ってくれた・好きになってくれた」という事ですよね♪

移住歴10年を超えた私としては、既に心は沖縄県民なので・・・沖縄を気に入ってもらえたという事をとても嬉しく感じるんです。

私が好きになって移住してきた沖縄を、もっともっと多くの方に好きになってもらいたい・・・。もっと沖縄の良さ、人の温かさを伝えたいと改めて感じました。

そのためには、沖縄県民が元々持っているおもてなしの心(楽しませてあげたい精神)を発揮して、旅行で訪れる方一人ひとりが楽しく過ごせる街づくりをしていけたら、もっと世界中から愛される島になるだろうな・・・と感じました。

アン

誰もが気持ちよく・楽しく過ごせるような島になればいいな・・・

あなたもウェルカムんちゅになろう!

2016.10.30