石垣島で参加できるオススメツアーをご紹介!

沖縄県の離島へ旅行へ行こうと考えた時に、必ず候補に挙がるのが「宮古島」と「石垣島」の2島です。その一つである石垣島の周辺には沢山の島があり、その島々も・・・石垣島に負けないくらい魅力のある島々なんです。石垣島に滞在しながら、周辺の離島を巡るツアーがとてもオススメなのでご紹介していきたいと思います。

目次 ページガイド

石垣島に行くなら絶対参加するべき!離島満喫ツアー

水牛車

現在、沖縄本島と並ぶほど人気のある観光スポットとなっている「石垣島」。格安航空会社も提携している為、全国各地から直接石垣島へ足を運ぶことができるようになりました。そんな石垣島の周りには、魅力あふれる離島が沢山!

テレビで一度は目にしたことがあるであろう「水牛車」や「星砂のビーチ」など・・・せっかく石垣島まで行くのであれば、その他の離島も観光してみてはいがかでしょうか?そこで、こちらでは石垣島に滞在する方にオススメしたい一押しツアーをご紹介いたします。

自然だけじゃない!人を集める石垣島の魅力とは・・・

2017.04.18

水牛車にも乗れる!竹富島・石垣島の2島巡りツアー

竹富島
観光バス

竹富島・石垣島の2島巡る贅沢ツアー詳細

  • 一名で参加時の料金:【12歳以上】6,900円 / 【0~5歳】5,150円
  • 二名以上で参加時の料金:【12歳以上】9,000円 / 【6~11歳】5,150円 / 【0~5歳】5,150円
  • 集合場所:下に詳細を記載しています。
  • 開催日:毎日
  • 所要時間:8時間
  • ツアー内容:竹富島・石垣島を巡るツアー!水牛車に乗って観光を楽しめます!
  • 料金に含まれているもの:バス代・昼食・往復乗船料・水牛車観光
  • 行ける場所:【石垣島】権現堂・桃林寺・唐人の墓・川平公園・ポーザーおばさんの食卓・米原のヤシ原生・林玉取崎展望台・宮良川のヒルギ林/竹富島
  • 備考欄:約2時間、竹富島をのんびりと観光することが出来ます。
バス

ピックアップ場所

  1. ANAインターコンチ ネンタル石垣リゾート
  2. ビーチホテル サンシャイン
  3. フサキリゾート ヴィレッジ
  4. ホテル ベストイン石垣島
  5. ホテル日航八重山
  6. ホテルロイヤル マリンパレス
  7. 沖縄エグゼス石垣島
  8. 石垣リゾート グランヴィリオ
  9. 現地集合の方は石垣港に集合

沖縄の離島観光でとても人気の水牛車に乗っての観光。昔ながらの風景を残した竹富島で水牛車に乗り、至福のひと時を過ごしてみませんか?

ジェシカ

石垣島から竹富島へは、船で移動します。(約10分程度)船酔いが気になるという方は乗り物酔いの薬を持参しておきましょう。

魅力がたっぷり詰まった島「竹富島」へ行ってみよう!

2017.04.13

ちゅらさんのロケ地も!小浜島・石垣島の2島巡りツアー

小浜島
観光バス

小浜島・石垣島の2島を巡る贅沢ツアー詳細

  • 一名で参加時の料金:【12歳以上】9,000円 / 【0~5歳】6,580円
  • 二名以上で参加時の料金:【12歳以上】9,000円 / 【6~11歳】6,580円 / 【0~5歳】6,580円
  • 集合場所:下に詳細を記載しています。
  • 開催日:毎日
  • 所要時間:9時間
  • ツアー内容:小浜島・石垣島を巡るツアー!はいむるぶしでランチもいただけます
  • 料金に含まれているもの:バス代・昼食・往復乗船料
  • 行ける場所:【小浜島】シュガーロード・こはぐら荘前・展望台・細崎集落・はいむるぶし/【石垣島】権現堂・桃林寺・唐人の墓・川平公園・ポーザーおばさんの食卓・米原のヤシ原生林
  • 備考欄:川平公園では、オプションでグラスボート遊覧も楽しめます。現地申し込み&現地払い
バス

ピックアップ場所

  1. ANAインターコンチ ネンタル石垣リゾート
  2. ビーチホテル サンシャイン
  3. フサキリゾート ヴィレッジ
  4. ホテル ベストイン石垣島
  5. ホテル日航八重山
  6. ホテルロイヤル マリンパレス
  7. 沖縄エグゼス石垣島
  8. 石垣リゾート グランヴィリオ
  9. 現地集合の方は石垣港に集合

小浜島で訪れるシュガーロード・こはぐら荘前・展望台・細崎集落は、NHK連続テレビ小説「ちゅらさん」の撮影現場となった場所なんです。ちゅらさんを見ていなかった世代の方でも楽しめる昔ながらの風景を楽しむ事が出来るので、とてもオススメです。

その後、石垣島に戻り、有名な川平公園でのフリータイムやポーザーおばさんの食卓でのティータイムなどがあります。

ジェシカ

石垣島から小浜島へは、船で移動します。(約25分)船酔いが気になるという方は乗り物酔いの薬を持参しておきましょう。

沖縄の離島「小浜島」ってどんな島?アクセス方法など

2017.05.31

贅沢!1日で西表・由布・小浜・竹富4島を巡るツアー!

イダ浜
観光バス

西表・由布・小浜・竹富4島を巡るツアー詳細

  • 参加料金:【12歳以上】14,900円 / 【6~11歳】10,500円 / 【0~5歳】無料
  • 集合場所:下に詳細を記載しています。
  • 開催日:毎日
  • 所要時間:9時間半~11時間
  • ツアー内容:水牛車に乗ったり、クルーズ船でマングローブ林を冒険したりと内容盛り沢山!
  • 料金に含まれているもの:昼食・西表&由布&小浜&竹富島内観光料・往復乗船代
  • 行ける場所:仲間川マングローブクルーズ・由布・シュガーロード・竹富島内etc・・・
  • 備考欄:時期によっては早割が適応され、少しお安く参加できることも!
バス

ピックアップ場所

  1. ANAインターコンチネンタル石垣リゾート
  2. アートホテル石垣島
  3. グランヴィリオリゾート石垣島グランヴィリオガーデン
  4. グランヴィリオリゾート石垣島ヴィラガーデン
  5. ビーチホテル サンシャイン
  6. フサキリゾート ヴィレッジ
  7. ホテル ベストイン石垣島
  8. ホテルロイヤル マリンパレス
  9. 沖縄エグゼス石垣島
  10. 現地集合の方は石垣港に集合

石垣島周辺にある離島4島(西表・由布・小浜・竹富)を1日かけて観光するツアーとなっています。所要時間は9時間半から11時間と、長時間のツアーとなってしまいますが、旅行好きであれば1度は訪れてみたい「由布島」「小浜島」「竹富島」「西表島」の全てを効率よく見て回ることが出来ます。

ジェシカ

個人で4島を見て回るとなると、1日でこなすのはとても難しい事です。ツアーだからこそなせる業・・・といってもいいのではないでしょうか。

沖縄の離島「西表島」ってどんな島?アクセス方法など

2017.04.14

石垣島から人気の竹富島へ足をのばせるプラン

石垣島に滞在しながら、効率よく竹富島も観光できるオススメのツアーをご紹介したいと思います。

3時間で巡る!竹富島ツアー

グラスボート
観光バス

3時間で巡る!竹富島ツアー詳細

  • 参加料金:【12歳以上】5,100円 / 【6~11歳】3,1000円 / 【0~5歳】無料
  • 集合場所:石垣島離島ターミナル
  • 開催日:毎日
  • ツアー開催時間:9:00/12:30/13:30/14:30
  • 所要時間:3.5時間
  • ツアー内容:水牛車に乗っての観光だけでなく、グラスボートで魚を見る事も出来るツアー!
  • 料金に含まれているもの:フェリー往復・バス代・グラスボート乗船料・水牛車代
  • 行ける場所:皆治浜やコンドイビーチなど・・・
  • 備考欄:正午には解散のプランなので、お昼などは含まれていません

ホテル送迎が無い為、石垣島離島ターミナルまでは各自での集合となりますが、竹富島までのフェリー代や水牛車、グラスボート乗船料もコミコミでこのお値段!竹富島で有名なビーチ、皆治浜やコンドイビーチを訪れるほか、そのほか有名スポットもバスで巡ることができるツアーとなっています。

ジェシカ

石垣島に宿泊する方は、3時間半で巡ることが出来る竹富島ツアーに参加して、せっかくなので竹富島も訪れてみてはいかがでしょうか?

竹富島を自由に探索!サイクリングツアー

サイクリング
観光バス

竹富島を自由に探索!サイクリングツアー詳細

  • 参加料金:【12歳以上】2,400円 / 【6~11歳】1,700円 / 【0~5歳】無料
  • 集合場所:石垣島離島ターミナル
  • 開催日:毎日
  • ツアー開催時間:9:00~14:30までの間で8回開催
  • 所要時間:帰りの時間は自由(サイクリングレンタル時間は最大8時間)
  • ツアー内容:竹富島内を自転車で探索するツアーとなっています
  • 料金に含まれているもの:往復フェリー代・レンタル自転車代
  • 行ける場所:自由
  • 備考欄:自由行動となるので行き先はすべて自分次第のツアーです

石垣島⇔竹富島の往復フェリー代とレンタル自転車代だけのツアーとなっている為、竹富島へ行ってからの行き先は個人の自由となります。帰りの時間も個人の自由なので、思い思いに竹富島を満喫することが出来ます!自転車のレンタル可能時間が最大8時間なので、その点はご注意を!

ジェシカ

集団行動が苦手だという方は、こちらのプランが楽しめるのではないでしょうか♪

一度ツアーに参加したら、絶対にお気に入りの島が見つかる!

コンドイビーチ

同じ八重山諸島にある小さな島々ですが、それぞれの島に個性や文化、方言などの違いがあるのが面白いところ。

一度、ツアーで訪れ色々な島の街並みを見ておくことで、次の旅行はどこに拠点を置くか・・・という事が決めやすくなります。一度、実際に足を運んでみて、自分好みの離島を見つけてみてはいかがでしょうか?


ABOUTこの記事をかいた人

ジェシカ

沖縄県の那覇市で生まれ育ったジェシカです♪多肉植物・旅行・カフェ・文房具&雑貨・家電が趣味!海外にもよく行くので、海外の情報も合わせて発信出来たらと思います!